Read Article

小学生の平均体重はどう計算するの?うちの子は大丈夫?

今どきの子供ってスタイル良い子が多いですよね。

私のような昔ながらの純日本人体形(胴長短足)なんて、ほとんど見かけないし・・スラッと細く綺麗に伸びた足、小学生なのにくびれていそうな細い腰・・素直に羨ましい”(-“”-)”

小学生の平均体重

でもやっぱりポッチャリした子供もいます!

地方の傾向もあるのかもしれませんが、関西から九州に引っ越して子供の学校に行った時、関西で通っていた学校よりポッチャリさんが多くてビックリしました。

可愛らしくて、私は好きなのですが親としては気になるところでしょう。

 
小学生の平均体重ってどう計算するの?
うちの子は大丈夫な範囲なの?

そんなお悩みにお応えします!

 

小学生の平均体重を紹介

1年生から6年生の平均体重を表にしてみました^^

小学生の平均体重

低学年では男子の方がわずかに重いですが、
高学年になると女子の方が早く成長期を迎えるので女子の方が重くなります。

このように身長が伸びると必然的に体重も増えますよね。

 
ただ身長の伸び方は個人差が大きいです。
身長が少ししか伸びていないけど、体重はガッツリ増えている!

それは成長というより、太ったという言葉の方が適切かもしれません(;^ω^)

 
要は身長と体重のバランスが大事なのです!
と、いうわけで身長を考慮した小学生の平均体重の計算をご紹介します!

平均体重の計算のやり方

平均体重の計算式

身長(m)×身長(m)×身長(m)×13=平均体重

となります。
私、小学5年生からずっと156cmをキープしているので当時の平均体重を計算してみたいと思います。

1.56×1.56×1.56×13=49.353408・・

私の身長に対する平均体重は約49㎏だったのですね。
飛びぬけて身長が高かったので参考にならないかな・・

息子は小学5年生の時に138cmだったので平均体重は約34㎏ですね。
このように身長によって平均体重の目安も変わります。

 
あくまでも平均ですよね・・うちの子の体重は許容範囲内なのでしょうか?
もしかして肥満の方に入ってしまうの?

それは小学生のBMI(肥満度)で計算してみましょう。

子供の肥満

小学生のBMIの計算式

(体重-平均体重)÷平均体重×100%=BMI

この計算で子供が肥満かどうかの目安がわかります。

私の当時の体重は覚えてないので、
息子の小学5年生時の体重(31㎏)で計算してみますね。

(31-34.3)÷34.3×100%=9.6209912・・

息子のBMIは約9.6%となりました。

これってどうなの?

数値としてBMIが20%以上だと『肥満とされるので、息子は痩せすぎだったのですね(-_-;)

 
逆に「うちの子は20%以上なので肥満だ・・」と判明した人、
ギリギリ危ないかもと思った人は次を読んで下さいね!

次は、肥満防止についてです。

 

肥満防止の為にできることなど

大人でも言える事ですが、肥満を放っておくと様々な病気を引き起こす可能性があります。
親として出来るだけの肥満防止策をしてあげたいですね。

食事

育ち盛りの子供は男子・女子に関わらず、本当によく食べますよね。

ですが喜んで食べるからといって肉料理ばかりではいけません!
野菜もたっぷり取り入れてバランスの良いおかずにしましょう。

そして育ち盛りの子供に欠かせない炭水化物。
美味しいおかずだと白米も進みますよね。

ですが白米は脂肪の元。
大麦麦芽を混ぜたり、雑穀米に変えるなどの工夫をしてみましょう。

麺類も炭水化物なので、手軽だからとお昼やおやつに出し過ぎないようするか、春雨で代用したりしましょう。

睡眠

今は共働きの核家族が多いので、何かと夜が遅くなりがちになります。
お母さんもバタバタ忙しいのは解ります、ですが子供にとって睡眠は本当に大事なんだという事も解って下さい。

睡眠不足は肥満の確率を上げると言われています。
出来るだけ9時間~10時間半の睡眠が確保出来るようにしてあげて下さい。

生活リズム

先に書いた食事・睡眠に大きく関連しているのですが、食事・睡眠の内容だけ改善するのではなくリズムも大事なのです。

毎日、同じ時間に起床・食事・就寝というリズムですね。

1分1秒の正確さを言っているのではありませんよ!
前後30分位は許容範囲ですし、拘り過ぎるとお母さんが疲れてしまうので無理し過ぎない範囲で頑張りましょう。

運動

遊びの中でも何でもいいです!
とにかく体を動かして運動する習慣をつけてあげて下さいね。

さいごに

女性は数字にとらわれ過ぎる傾向があります。

子供の平均体重・BMIの数字が高いと落ち込んだり、オロオロしたりするかもしれません。
ここは先ず冷静になって子供の様子を観察してみましょう。

 
何が原因で肥満気味なのか、何をすればいいのか。
子供と話し合って一緒に頑張るというのも良いですね♪

 

Return Top