Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yukari2015/40dai-wkwk.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

小学校のPTA役員決めのルールとは?!ビビる前に知っておこう!

小学校のPTA役員・・私、苦手なんですよね。人見知りなので(/ω\)

もちろん役員になったら責任持ってやりますが、自ら手を挙げるタイプではありません。
だからといってPTA活動に否定的というわけでもありませんよ。

小学校のPTA

PTAに加入するかどうかは任意ですが加入もしています。
積極的に活動されている保護者の方は、本当に尊敬ですよ!

では、そのPTA役員はどうやって決めているのか?

私はすでに幼稚園・小学校・中学校・高校の役員決めを経験してきましたが、これから経験するであろう人には恐怖でしかないのでは?

今回はいちばん長い学校生活を送る小学校のPTA役員決めのルールについて紹介していきたいと思います。

 

小学校のPTA役員はどうやって決めるの?

とはいっても、実は小学校によって決め方はバラバラなのです・・。

私は引っ越しのために子供を転校させたのですが、小学校のPTA役員決めの方法が全く違って驚きました。

ですから私の経験・友人の子供が通っている小学校のPTA役員決めの方法をいくつか紹介させて頂きますね!

ptaはどうやって決める

投票

年度初めに、まず立候補者を募ります。

立候補者がいなければ4月半ばにクラスの保護者(父親・母親の両方)の名前が書かれた名簿が配布されます。名簿順ではなくランダムに並べられています。

上の子供の時は横書きで縦一列に書かれていたのですが、一番上又は下の人が選ばれやすいという声が多かったらしく下の子供が入学した時に、円グラフのように書かれるようになりました。

配布された保護者は父親・母親から各1人、推薦したい人の名前の横に○を付けて匿名で提出します。そこで○が多かった人が役員に選ばれるのです。

拒否はできない事になっています。
1年間役員を務めれば、その後の2年間は役員選出から免除されます。

話し合い

4月に行われる初めての学級懇談会で話し合いをします。

ここの小学校はPTA役員の種類が多く(学級委員・広報委員・運動委員・地域委員など)、クラスのほぼ半数が何らかの役員になります。

ですから親しい母親同士で一緒に役員をされる人も多いので、最後まで決まらないのは2~3人程になります。

クラスによって最後まで話し合いしたり、じゃんけんをしたり、くじ引きにしたりして決めます。

電話

前年度の役員の人が話し合いをして、まだ役員をした事がない人を中心に電話をかけて役員のお願いをします。

新1年生の場合は、前年度卒業した6年生の役員の人が上の子供の時に役員をしているかなどを考慮して電話するそうです。

ですから新1年生の母親で電話がかかってきやすいのは、初めての子供が新1年生で1人っ子だそうですよ。

お断りする事もできるようですが、なかなか引き受けてくれる人がいなければ何回も電話がかかってきます(>_<) 個人的な意見ですが・・この方法は前年度の役員の人も辛いですよね・・ 今年度引き受けたら、来年の4月は自分も電話をかけなければいけないし(-“-)

くじ引き

立候補者がいれば即決ですが、いなければ学級懇談の時に全員でくじ引きをします。
当たりを引けば役員決定です!

小学校のPTA役員の仕事

PTA役員決めの疑問!

ここで疑問!
役員決めを欠席していたり、仕事をもっている場合はどうなるの?

では見てみましょう^^

学級懇談など話し合いの場に欠席している人はどうなるのか?

これも小学校によって対応は様々です。

欠席者からは必ず委任状を提出してもらって、くじ引きなどは先生が代理で引いて平等に役員候補に入れるという対応する学校。

そもそも年度初めの学級懇談にすら参加しない人は、役員になってもいい加減な仕事をするからと除外するという対応の学校。

ん~後者の言い分もわかるけど、スッキリ納得できない私・・。

仕事をしているのでPTA役員は免除される?

免除はされない可能性の方がはるかに大きいです。

昔と違って今は共働き家庭も多いですし、事情があって専業主婦をしているなど家庭事情を考慮していると線引きも難しいですしキリがありませんからね。

 

PTA役員の仕事とは?

全体の仕事としては大きく分けて2つあります。
学校主催の行事などのサポートとPTA独自の活動です。

PTA独自の活動もまた、校内活動・郊外活動の2つがあります。

PTAも本部役員・各専門委員があり、
それぞれに担う仕事も違いますので大まかになりますが説明していきますね!

PTA全体の仕事

学校行事のサポート

*体育大会・文化祭・卒業式などのお手伝い
*それに伴う参加賞や記念品の選定
*保護者向け懇談会の進行や司会
*ベルマーク・ペットボトルの蓋などを収集して集計・寄付
*校庭の草刈りや校舎の清掃
など

PTA独自の活動(校内)

*本部・各委員の役員会
*PTA総会の企画・開催
*保護者向け親睦会の企画・開催
*講演会や講習会などの企画・開催
*通学路の安全検証
*地域パトロール
*PTA広報紙の企画・発行
など

PTA独自の活動(校外)

*都道府県・市PTA連合会に参加
*いじめ防止・同和問題対策会議に参加
*社会福祉協議会・青少年補導協議会などの会合に参加
*各地PTAとの交流会に参加
*PTA研修会に参加

本部役員・各委員の仕事

PTAの役員決め

本部

■ 会長
 PTAの代表者となります。入学式などの式典の参加や挨拶をし、PTAから発行されるお知らせなどの発行責任者にもなります。校外でのPTA活動は会長が主にすることが多いようです。

■ 副会長
 普段は会長のサポート役ですが、会長が不在の時は代理を務めることになります。会長は校外活動が多いので、校内活動は主に副会長に任されることもあります。

■ 書記
 議事録を作成したり、書類を管理する書記業務全般を任されます。

■ 会計
 集金したPTA会費の出納を管理します。

■ 会計監査
 年度のPTA会費の出納に不正・間違いがないか監査し、PTA総会で報告します。

各委員

■ 学級委員
 クラスのPTA会員をまとめます。学級懇談・懇親会の企画や開催をしたり、本部と一般PTA会員とのパイプ役もします。

■ 地域委員
 安全パトロールの企画・実施。通学路の安全検証の主となったり、『子供110番の家』の協力・要請します。

■ 広報委員
 PTA広報紙の作成・発行。

全体の仕事も各委員の仕事も細かにいえばたくさんありますが、会長や委員長だけに大きな負担がかからないように役員全員で分担する小学校がほとんどです。

役員の全ての仕事は、子供が快適に小学校生活を送る為にあるのです。

正直、忙しい時期もありますが役員全員で協力し合って無事に終えた時の充実感は何ともいえませんよ(^^♪

 

PTA役員のメリット・デメリット

メリット

何といっても、子供の快適な小学校生活を送る為のお手伝いが出来る事です!

それに普段は見えにくい、子供の学校生活を間近で見られますし♪
たくさんの保護者の方とも交流が図れ、先生方とも親睦が図れます。

雑談の中で、勉強や子育てのアドバイスをもらえたりも( *´艸`)

役員をやってみて驚いたのは、何気なく参加している行事も
「こんなにも話し合い・準備の上で開催されているんだ!」ということですね。

それを知れたこと、勉強になったことが私には大きなメリットでした。

デメリット

忙しい時期は夜遅くまで時間を取られたり、
どうしてもの時は仕事を休まなければならなかったことですね。

下の子供が小さくて、預ける所もなかったので連れて行ったので、夜が遅くなった時は大変でした(>_<)仕事もしていたので、体力的にもチョット疲れたりしましたね。

さいごに

人見知りの私はPTA活動の前に、人に慣れることの方が大変だったのですが・・
こうやって思い返すと、小学校のPTA役員はやりがいがあったという思い出の方が多いですね。

仕事をしている人は「これは出来ないけど、こっちはします」というスタンスが大事だと思います。誰もが全てに参加・お手伝い出来る訳ではありませんので、お互いに助け合っていましたよ!

残念ながら、役員でも非協力的な人もいます。
「一緒にしましょう♪」と誘っても無反応・・

ですが!
そういう人にプリプリ怒っているよりも、子供が楽しく安全に過ごせるように頑張りましょう!

通われる小学校のPTA役員決めの方法は、近所の先輩ママさんに聞いてみるといいですよ!

よく「役員にあたった~最悪ぅ」という声は聞きますが、実際にはイキイキと活動されているので、本当は最悪ぅではないのかもしれませんね(^_-)-☆

Return Top