Read Article

コロナでうがいの大切さをしみじみ感じた!イソジンうがいは間違いだったのか(涙)

50歳を過ぎたあたりから(更年期に入ってからか?)風邪をひきやすくなっていた私。
のどと鼻の間あたりが乾いた様なイヤ~な感じになってきたら風邪のサインだと思って、必死でのどスプレー薬をシュッシュしまくっていました(-_-;)

あのヨードのマズイお薬がのどのエヘン虫(古っ!)をやっつけてくれると心底信じていました。なので、イガイガしそうな、、時にも予防的に使っておりました。

この話の流れは、のど〇ーる薬などのお薬を使いましょう!とお勧めする話ではありません。逆です。予防的に使っていたせいか、口やのどの中の良い菌まで除菌していたようなんです。・・で、予防どころか、逆効果だったようです。

水うがい

水うがいで予防

で、今年になって、「水うがい」をまず起床後にやりました(寝ている時の口の中は超ばい菌だらけなんですよ!)外出後も「水うがい」。ちょっとのどがイガイガする時は「塩うがい」をしました。

コロナウイルスが流行しだしていますが。手洗いうがいを意識しているせいもありますが、あんなに風邪をひきやすかった私がアレルギー性鼻炎すらどこいっちゃったの?という快調さ!

これは、やっぱり「うがい」の効果が絶大なんじゃないかと。うがいをするときには「お」と発音するようにするとのどと鼻のと間にもいい感じで届きます^^

鼻うがいを続けている友人も「めちゃ調子がいい!」とのこと。・・私は鼻うがいは続けられず(-_-;) もっぱら水うがい派ですが、水うがいだけでも効果を実感しています。簡単なことで風邪などが予防できるんですから、ありがたいです^^

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top