Read Article

2018年のお盆休みはいつからいつまで?今年はまさかの短さ?!

お盆休暇

ゴールデンウィークも過ぎ去って、楽しみな長期のお休みといえばお盆休み!

梅雨の時期を乗り越えて、暑い夏を迎えると【お盆休み】もすぐそこです^^
今年のお盆は田舎に帰ろうか、、、旅行をしようか、、、友達とワイワイBBQもいいなぁ~♪


・・と、その前に、2018年の肝心なお盆休みはどうなっているのでしょうか?
お盆休みの長さによって旅行プランも変わってきますね。

2年前から誕生した「山の日」もあるので、これまたお休みが増えて喜んでいる人も多いのではないでしょうか。

では、2018年のお盆休みの日程などを見てみましょう~!

 
スポンサードリンク

2018年のお盆休みはいつからいつまで?

 
2016年のカレンダーをチェックしてみると・・
う、、山の日が土曜日に重なってる! なんだか損した気分です(笑)

 
一般的に「お盆休み」は、8月13日から16日の4日間というのが一般的で、企業などはその前後1週間などを「夏休み」としてお休みにしているところも多いようです。

2018年は、2016年に誕生した祝日「山の日」の8月11日が増えることで、企業によっては大型連休になるのかな~なんて思っていましが、まさかの土曜日とは。がっかり。

2018年のお盆休み
2018年は、せっかくの祝日が土曜日なので短い感じがします。これが日曜日に重なっていたら振替休日になっていたのでしょうけど。


そんな中でも、職種によっては11日から19日まで9日間の連休というところもありそうですね!

生産工場などのある企業などは、どどーんと休んでもらうということで会社としても効率が良かったりします。ラインなどのある工場では、生産ラインを止めたり動かしたりというのが結構大変だとききますからね。

9日間もお盆休みがあれば海外旅行だってゆったりスケジュールで行けますね!←先立つものも必要ですけど(^_^;) 国内でもゆ~ったりのんびり旅行もいいなぁ。

 
スポンサードリンク

銀行や郵便局、市役所のお盆休みは?

お盆休みと役所
一般企業のお盆休みばかりが浮かびましたが、あれ?市役所や銀行ってお盆休みありましたか?ふと考えてしまいましたが、市役所や銀行、郵便局などは「お盆休み」で業務が休みになることはないようです^^

ということで、カレンダー通りのお休みで平日は通常通りの業務を行っていることです。自分のお盆休みに行政機関の手続きなどをする人には助かりますね。


ところで、そもそも、お盆は地方によって時期が違いますよね?でも、お盆休みは一般的に8月です。月遅れのお盆が一般的になっているということか・・


次にお盆の時期について見てみましょう~。


お盆の時期とお盆休みとは別もの?

 
お盆とは、先祖の霊をお祀りするための行事で、元々旧暦の7月15日の行われていて、亡くなった方がいらっしゃる家では初盆の供養が行われますね。現在では旧暦ではなく月遅れのお盆として8月13日から4日間をお盆とする地域が多いです。

 
現在も東京や関東の一部の地域では7月13日~お盆をするところもあります。

bonodori
初日の13日が盆の入りで「迎え盆」といい、ご先祖様がまたあの世へお帰りになるといわれる16日が盆の明けで「送り盆」といいます。

 
しかし、このお盆の時期も供養のやり方も地域によって様々で、沖縄などはまた違っていて、現在でも旧暦で行事を行うため、旧暦の7月13日~15日にお盆をします。

 
沖縄の場合は、2018年は8月23日24日25日の3日間になりますが、年によっては9月にお盆があたる場合があり、毎年お盆の日が違うということで、予定が立てにくいというのもあるようです(^^;

 
お盆休みは、現在 一般的な8月13日から16日までのお盆に合わせて土日を絡めて休むという会社が多いですね。

 
2018年の今年は、土日がバッチリ入ってしまっているので、カレンダー通りだと、最短のお盆休みとなってしまいますが、連休は通常のお休みと違って小旅行なども楽しめるので、楽しみです!

有休と付けたり、あれこれ工夫をして、夏のバカンスを楽しむOLさんも多いのでは^^

Return Top