Read Article

熟年離婚のその後が気になりますか?私、経験者です(^^;

NHKあさイチでは配偶者間の暴力「DV」が取り上げられていましたが、夫婦の事って外からじゃ分からないことがたくさんありますね。


たとえ手を出してないならDVじゃない!と言い張ったとしても、言葉で相手を追い込んでしまうモラハラだってあります。

・あさイチのモラハラ特集時に書いた記事
あさイチ!モラハラ夫は他人事じゃない!夫が怖いと感じる時

加害側は女性の場合だってありますので、夫婦それぞれによって悩みも違ってきますね。


私は22歳で結婚をし43歳の時に離婚をしました。

40代での離婚も熟年離婚というの?と疑問になりましたが、熟年離婚の定義をみると、一般的には20年以上連れ添った夫婦が離婚することを「熟年離婚」と呼ぶようです。

私は、60歳以上のシニア世代の方がご主人の退職をきっかけに離婚になってしまうパターンをそう呼ぶのだと思っていたのですが、そうではないようですね(^^;

たしかに、60歳で結婚される方もいますし、その後に離婚されたからといって熟年離婚とはよばないですよね。

周りからは、20年も連れ添ったのにどうして今さら別れるの?
食べていけるの? ガマンできないの?

といろいろ言われましたが、残り少なくなってきた人生だからこそ、その先は自分の気持ちを優先したい、そう思ったんです。子供もいますし、確かに無責任と言われればそうかも知れませんが、長い積み重ねがそういう結果になってしまったとも言えました。

確かに、元夫と一緒にいれば経済的にも不安なく過ごせていたと思いますが、私は全く後悔していません。それどころか、あのタイミングで離婚をしようと決心した自分の勇気をほめてやりたいです。そしてそれを分かってくれた子供たちにも感謝です^^


しかし、熟年離婚をしている人が増えている一方で、熟年離婚を後悔している人もいます。その事について書いてみたいと思います。

 
スポンサードリンク


熟年離婚のその後は、どうなっているのか?


どうして、やっと離婚できたのに後悔をするのでしょうか?

お金や仕事の問題だけではなく、心づもりも今後を大きく左右します。
この記事を書いていて、私も離婚当初はお金の苦労は情けないほどあった事を思いだしました(^^; イヤな事は忘れたいと思ってしまうものですね。



最初のうちは、貧乏でもそれを楽しめる気持ちの余裕というのか、解放感からくる喜び、ハイテンション、そんな感じで前向きにがんばれました。

バツイチで元気に働いている同年代の人が周りにいた事も前向きになれた要因だと思います。


でも、貧乏生活も思っていたよりも長くなると先々の不安感に押しつぶされそうになります。病気をして仕事に行けなくなった時、子どもにお金の心配をされた時など、情けなくて落ち込みました。


離婚してから分かった「奥さん」という優遇された立場


シングルマザーよりも、〇〇さんの奥さんという世間的立場に「優遇されている」という意見もありましたが、私はピンときません。

でも、税金やら保険料はズシッときました(^^;

第3号被保険者制度があり、サラリーマンの妻はパート程度の収入(130万円未満)なら国民年金の保険料を納めなくても良かったのだけれど・・

扶養してくれる人がいないということは、当然自分で国民年金保険料を払わなければいけません。

これが、じわじわと厳しいのよねえ。
僅かな収入なのに月16,490円もおさめなくちゃいけないのはキビシイ。
(収入に応じて免除制度もあります)


それでも、今はお蔭さまで安定して生活(まだまだ一般家庭には及びませんが)を送れているので、日々を楽しむことも出来ています^^

何より心は自由ですから! これは何にも代えられない大切なものです。


熟年離婚をして後悔した人、後悔していない人、後悔しないためにはどんな事に気を付ければいいのか?どんな準備をすればいいのか?(離婚準備ってのもなんですが・・)
周囲の意見を拾ってみました。


熟年離婚で後悔をした人、していない人の違いとは?


後悔した人はどんな事を後悔したのか
・50代で離婚したがパート程度の収入しか得られず、お金のない不安な日々を過ごしていて、こんな事なら別れずに我慢していた方が良かったのではと考えてしまう。

・子ども達も独立し60歳を過ぎて友人との付き合いも疎遠になり孤独感が増している。

・思い描いていたよりも現実は厳しく年老いていく体も心配。

・別れた後で、元夫の大きさ優しさに気付かされて後悔した。


後悔していない人は何が良かったのか?
・経済的自立の自信があり離婚したので生活が安定しており、後悔はない。
 後悔している人は強い気持ちと準備が足りなかったのでは。

・本気で答えを出した結果なので後悔はなし。

・幸せになるために離婚したので、収入は多くないですが今は幸せです。


離婚した親を持つ子の意見
・経済的に親を支える事を考えると将来が不安である。

・別れた両親が亡くなった場合のお墓の問題など不安あり。

・経済的な不安があるうちは離婚すべきではないと思う。

 
スポンサードリンク


熟年離婚で後悔しない為にどう準備すればいいのか?


・経済的な不安を解消する為の準備を早めにすること。
(収入に結び付くような資格取得や正社員への道など)

・財産分与、年金分割など相手と話し合わなければならない事の覚悟ももつ。

・本当に離婚したいのか? ・・自分の気持ちに正直に向き合う。


熟年離婚の際には財産分与や慰謝料、年金分割などがあって、まとまったお金が手に入りそうなイメージがありますが、実際に慰謝料をもらえる人や財産分与で生活していける人がどれくらいいるでしょうか?


年金分割も、分割できるのは厚生年金の部分です。
経済面では期待はしない方がいいと思います。

私は年金分割をしてもらいましたが、財産分与はせずに子ども達と家を出ました。
経済的に不安なく離婚するためには、仕事と蓄えは必要です。

経済的な問題も立場によって全然違ってきます。
専業主婦だった人が40歳を過ぎて正社員になるのは容易ではないでしょうから、それ相当の覚悟は必用になります。・・年齢の壁は厳しかったです(泣)


でも、今は正社員に拘らずまずはパートからステップアップしていく方法もあります。
年齢を考えるとその早いうちに経済力を付ける努力をしなくちゃと思います。

 
スポンサードリンク


先のことは誰にもわからない!だから自分の道を・・


後悔していない人でもこの先は未知です。先々何が起こるかなんて、誰にも分かりません。でも、その時に側にいて欲しい相手なのか?

更年期の不安定な時期に大事な決断をしない方がいい・・とも言われたことがあります。体調が悪い時にはどうしてもマイナスな考えをしがちです。

「熟年離婚」という言葉が流行りだして離婚が増えた・・なんて話しも聞きます。
後押しをしてくれる言葉でも、責任を取るのは自分なんですよね(^^;キツイけど。。


私の場合は、結婚している時に精神的にバランスを崩して通院した事があって、回復した頃に自分の人生を考えて離婚を決意しました。

現状を維持するという選択はありませんでした。
大変でしたが、それでも「精神的に開放された!」という気持ちには後悔はありません


離婚は体力気力共にものすごく必要です。
「後悔したらどうしよう・・」と悩んでいるうちは思いとどまる方がいいんじゃないかと思います。どうしようもない人はそんな思いもなく突き進むしかないと思いますので。

どちらを選択したとしても、自分の答だと思います^^
どうぞ、いい人生になりますように! ・・私もがんばります!

アンテナを張ることもたいせつだと実感しています。

Return Top