Read Article

星野仙一さんが母と同じすい臓がんでお亡くなりに。。

野球に詳しくない私でも知っている星野仙一さんが亡くなられたとの報道がありました。星野仙一球団副会長というよりも、星野元楽天監督というのが私にはしっくりきます。

70歳という若さもそうですが、つい最近もニュースで拝見した様な気がしていて、どうしてそんなに早く亡くなられたのかと驚きました。


それが、星野仙一さんの死因がすい臓がんだったということ。
私の母も膵臓がんで亡くなったのですが、すい臓がんと診断を受けてわずか半年で天国へ旅立ちました。

そのことを書いた記事です
すい臓がんの症状と末期の治療について・・母の場合

今でも、あの時に母に抗がん剤治療を受けさせた事は間違っていたんじゃないのか?
自宅療養でいたら、もっと長生きしてくれたんじゃないのか?つい考えてしまいます。
星野さんはどんな治療を選択したのでしょうか、とても気になりました。


 
スポンサードリンク

すい臓がんの進行は今の医療では止められないのか


星野仙一が急性膵炎になり検査をしたところすい臓がんと判明したとのこと。
本当にすい臓がんという癌は自覚症状もなく静かに体をむしばむ恐ろしい病気です。

母は膵臓がんと診断を受けた時にはすでに余命半年と言われました。
そして、残念なことに本当に半年で旅立ってしまったのです。

星野さんが膵臓がんが判明したのは2016年7月とありますので、1年半もの間、野球のお仕事をされながら闘病生活を続けていたということになります。

抗がん剤治療を受けていたということでしょうか。
だとしたら、副作用と闘いながらの活動ということになります。体調の悪い中、お仕事をされる強さ、頭が下がります。だからこそ、その強さに憧れる人は多いのでしょうね。

母はいつも体がだるくてツライと話していました。お体も丈夫そうで体力のありそうな男性でもやはりすい臓がんはどんどん進行してしまうのですね。。。本当に残念です。


最近、日本人の死因として、すい臓がんをいう言葉を目にするようになった気がします。母が同じ病気だったからそう感じるだけなのでしょうか。


すい臓がんは、遺伝的な要素もあると医師に言われました
ですので、私も体調不良の時(脇腹や腰、背中のいつもと違った痛みなど)は、医師に母が膵臓がんで亡くなったことは伝えています。

今は血液検査で、すい臓がんのマーカーを調べることが出来るそうで、左脇腹の痛みで不安になり血液検査を受けました。


そして、NHKのためしてガッテンという番組では、すい臓がんのチェックポイントが紹介されました!

すい臓がんを見つけるには「血糖値の急上昇」をチェックすること!という内容をしていました。血糖値の急な上昇を検査でみつけた女性が膵臓がんを克服できたというお話しでした!

その時の内容はこちらです
すい臓がんは血糖値の急上昇をチェック!【ためしてガッテン】


病気の事を素人があれこれ書くのは良くないと思いますが、見つけにくい膵臓がんを見つける小さなヒントになればと思います。・・実は自分が一番不安なんですが。。

ご冥福をお祈りいたします。



Return Top