40代女のわくわくライフ

Read Article

女性の薄毛はホルモンのせい!?改善方法をチェック

40代に入ると体力的な事、肌のハリやツヤなど、加齢を意識してしまう事も多々・・
それが、最近は薄毛に悩んでいる女性も増えているとか。

女性ホルモンが減る更年期の時期になると、
女性も薄毛や育毛方法などが気になってくるのかも知れません。
 
スポンサードリンク

女性の薄毛の原因は何?

 
薄毛は男性の悩み、というイメージがありますが、近年薄毛に悩む女性が増えていて、約10人に1人の女性が薄毛を気にしていると言われています。

特に、若い日人でも薄毛の悩みを持つ人が増え、老化が原因の薄毛とは言えない状況です。

薄毛
薄毛になる原因は、現代の高カロリーな食生活、過度のダイエット、不規則な生活、ホルモンバランスの崩れ、ヘアカラーやパーマを頻繁に行う、老化などが挙げられます。


◆ 若い人の薄毛

ファーストフードや脂っこい食事、過度のダイエットが原因と考えられます。

脂っこい食事は血液をドロドロにして、髪の毛まで栄養が行かなくなります。
過度のダイエットは栄養不足になり、髪の毛まで栄養が行き届かなくなります。
 
◆ 老化による薄毛

ホルモンバランスの乱れにより、
健康な髪の毛を作るエストロゲンが減少してしまいます。

また、ストレスも、自律神経やホルモンバランスの乱れの原因になります。
自律神経が乱れると、血流が悪くなり、髪の毛まで栄養が行かず、頭皮の乾燥につながります。

女性ホルモンと薄毛の関係

 
女性の薄毛は、頭部や分け目の部分が薄くなり、髪の毛が細くなるという症状が多く、女性ホルモンの減少が関わっていると言われています。

 
女性ホルモンを作るエストロゲンは女性らしい体、健康な髪も作っています。
女性の薄毛が男性より少ないのは、女性ホルモンの恩恵を受けているからと言えます。

 
しかし女性ホルモンは、30歳から減少し、40歳以降になると急激に減っていきます。この頃に、薄毛を訴える女性は多く、更年期に薄毛を感じる人も多いことから、女性ホルモンと薄毛との関わりが深いと言われています。

 
スポンサードリンク

薄毛の改善方法

 
更年期の女性ホルモン減少による薄毛が原因の場合は、
ホルモン補充療法やプナセンタ注射などの医療機関での治療がありますが、続けるには料金が高額なので、日頃の生活習慣の改善で、薄毛の原因になるものに気をつけていくと良いと思います。

女性の薄毛

◆ シャンプーなどヘアケアの見直し

間違った洗髪の仕方は薄毛の原因になります。
大切なことは、お湯でよく毛穴を開いてからシャンプーをよく泡立てて洗い、よくすすぐことです。

 
また、シャンプーに入っている添加物も頭皮を傷めます。なるべく無添加のも朝シャンプーも、頭皮の脂を落としてしまい、昼間の紫外線が頭皮を傷つけてしまうので注意しましょう。

また、パーマやヘアカラーも頭皮を傷めてしまうので、期間を空けておしゃれを楽しみましょう。

 
◆ 食生活の見直し

栄養バランスの乱れは、ホルモンバランスの乱れにつながります。
適度な運動と十分な睡眠と共に、大豆イソフラボンの入った、エストロゲンの働きを助ける食品を積極的に食べましょう。

大豆イソフラボンは、豆腐、納豆、豆乳、味噌などの大豆製品に多く入っています。

 
また、頭皮に良いとされている、たんぱく質(牛乳、しらす)、亜鉛(牡蠣、卵の黄身)、ビタミン(主にB6、鶏肉、にんにく、E大根、いくら)、銅(レバー、納豆、ココア)を積極的に食べましょう。

 
◆ マッサージ、ツボ押し

マッサージやツボ押しで頭皮の血行を良くして薄毛になりにくくします。

 
【マッサージ】
手を大きく広げて、10本の指のはらで頭を押さえて、ぐるぐると回すようにマッサージします。何度か押さえる場所を変えて行います。

 
【ツボ押し】
・百会(ひゃくえ)・・・頭のてっぺんにあるツボ。左右の耳の上をたどって交差するところにあります。頭痛や抜け毛、ストレスに効く有名なツボです。


・天柱(てんちゅう)・・・うなじの生え際、首筋の2つの筋肉の外側にあります。首回りの血行を良くして、頭痛、眼精疲労、更年期障害に効きます。

 
ここまで書いておいてなんですが・・
女性が髪の毛が薄くなるという、とても悲しい事ではありますが、
あまり気にし過ぎてストレスになる事も影響しますので、じっくりとケアを続けましょう!

Return Top