Read Article

腸漏れの正体リーキーガットの恐怖とは?!【たけしの家庭の医学】

腸漏れ(ちょうもれ)なんて、、言葉初めてききました(^^;


最初、たけしの家庭の医学の予告を見た時には、「便漏れ」を想像してしまって、、老化などの話しかのかなと思っていたのですが、腸漏れはとんでもない病気を引き起こしてしまう恐ろしい症状だというのです。

このごろは、腸内フローラという言葉も定着してきたように、腸の健康についての関心も高まってきています。腸の状態が悪いと全身のいろんな器官にも悪い影響が出るということ

糖尿病や敗血症、脳梗塞などを引き起こしてしまったという「たけしの家庭の医学」に登場の女性は、どうして腸漏れになってしまったのでしょうか。。


腸内環境を整える、ということがどれほど重要な事なのか、これを読むと分かりますよ(^^;
では、さっそく見てみましょう~!

 
スポンサードリンク

腸漏れは「リーキーガット」だった!


たけしの家庭の医学で始めて耳にした「腸漏れ」という症状。これは、リーキーガット症候群(腸管透過性)と呼ばれている症状なのです。

人は、口から食べ物を入れ胃で消化され小腸へと流れていくわけです。小腸ではさらに細かく消化され体内へ吸収されるほど小さく分解されるはずなのですが・・


ここが問題!
腸壁から血管などへと運ばれるはずの小腸の腸壁は、食品添加物や重金属、消化できていな食べ物などはここでストップをかけられ流れていかない事になっているのですが、

この腸壁の網の目がスカスカになってしまい、本来流れてはいけない物質までもが体内に吸収されてしまっているというのです!


このように、、小腸の「腸壁の漏れ」によって起こる症状をリーキーガット症候群(腸管透過性)と呼ぶのですね。 それを分かりやすくたけしの家庭の医学では『腸漏れ』と伝えていたわけです。


腸漏れの原因とは?


腸に穴があいた状態・・考えただけでも怖い感じですが・・その原因は、誰にでも心当たりがあるような事なのです。

・よく噛まない、早食い、消化器系の消化機能の低下など。
・腸内環境のバランスが悪い。
・加工食品を多く食べている。
・抗生物質など、お薬の長期服用。
・生活習慣の乱れやストレス。

腸漏れ(リーキーガット)が怖いワケとは?!


腸の長さは7~9m(その内小腸は6~8m)もあるんです。その中でしっかりと栄養を体内へと送り込む働きをしてくれている腸なのですが、吸収される時のチェックがゆるゆるで、、本来吸収すべきではないものまで体の中へと送り込んでしまう事があるのが腸漏れ。。

消化できていない食べ物くらいならいいのですが、有毒な物質やウイルスなどを阻止することができずに通してしまい、、病気に感染しやすくなったり、病気をひきおこしてしまうことにもつながりかねないのです。

どんな病気が起こる可能性があるのでしょうか?
・ウイルスや刺激物質を通してしまうことでアレルギー反応を起こす。
・内臓脂肪や肝脂肪
・骨粗しょう症
・喘息
・糖尿病
・敗血症
・脳梗塞
・口臭、体臭

 
スポンサードリンク

腸漏れを防ぐにはどうしたらいいの?


まずは、良く噛んで食べること! 早食いはダメですよ(^^;

食品選びにも気を配りましょう。
農薬などを考えてしっかりと洗うこと、なるべく食品添加物の少ない食材を利用すること。

消化吸収を助けるサプリメントなどを利用するのもいいですね。

そして、重要なのは腸内フローラを整えること!



※参考記事
腸内フローラを改善する食事とは?善玉菌を増やす方法腸内フローラはヨーグルトで増やす?【池上彰のテレビ未来遺産】
便秘解消法!腸内環境・腸内フローラ:関連まとめ記事!


まとめ


改めて、腸の健康は大切なんだな、、と感じました。便秘はしていなから大丈夫、なんて言えないですものね。なんとなく体調が悪い。いつも疲れる、、そんな症状が実は腸漏れが原因だった、ということもあるようです。

腸美人という言葉がありますが、腸内がキレイだと病気にもなりにくく、肌もとてもきれいなんですって!どんなに高価な健康食品をとっても、腸がよごれていたり不健康だと効果も半減ということになりかねませんよね、、、

乳酸菌や納豆やお漬物などの身近な発酵食品をもっと食べなくちゃと思いました。
そして、『しっかりと噛んで、ゆっくりいただく』ことも大切ですね^^

Return Top