40代女のわくわくライフ

Read Article

タイトハム10秒ストレッチで腰痛を治す!たけしの家庭の医学

タイトハムという言葉を初めて聞きました。
7月14日のたけしのみんなの家庭の医学で、腰痛の特集がありました。
腰痛といっても、今までにない・・太ももの筋肉の衰えによる腰痛なんです。

タイトハムとは、太ももの裏にある筋肉の
「ハムストリングス」が固くなってしまった事を言います


 
スポンサードリンク

ハムって美味しそうな名前なんですけど、ここがカチカチで動かない為に、腰椎が曲がってしまうのだとか。腰痛というと、骨盤のズレとかをイメージしますが、太ももの筋肉の老化や運動不足によって腰が痛くなるとは意外でした。

タイトハムを簡単な10秒ストレッチでホントに改善されるの?

 
腰痛持ちの人だけじゃなく、前屈をして、手の先が床に着かないような人は、
ハムストリングスが固くなっている可能性があるので、注意が必要です。
正しい前屈で、タイトハムなのかチェックしてみましょう!

タイトハム10秒ストレッチ
■ タイトハムをチェックする前屈!
 
1:膝を曲げない
2:息を吸って、吐きながら体を前に倒す

これで、指先が床に着かない人は「タイとハム」なんだそう。
・・ひざを曲げずに、ちゃんと床が触れる人ってそんなにいない様な気が・・(^^;

 
どうして、タイとハムになるのかというと、
加齢と運動不足と、、「座った時の姿勢」に問題があるようです。
椅子にダラッと持たれかけるような座り方は良くないのだそう。

タイトハム10秒ストレッチのやり方!

 
1:ひざの高さの椅子を用意する。
2:椅子に浅目に座る
3:足を膝よりも内側の位置に置く。
4:両手で、両足首を掴む。
5:4の状態で胸を太ももに付けてお尻を上げて前屈状態!を10秒我慢!

※胸と太ももをくっつけること!(膝は曲がっててOK)

この10秒ストレッチを 朝晩、2セット行って、腰痛持ちの方が改善されていました♪

Return Top