Read Article

スマホ老眼の症状と原因とは?!20代でも老眼に!

・・20代や子供が老眼?!

ちょっと信じられない事ですが、
これだけ普及しているスマートフォン、若い人への目への影響も深刻になっているようです。
 
以前から、スマホや携帯電話などの画面を見続ける事で、目や脳への影響や、ストレートネックや巻き肩など体への影響、そして睡眠障害など精神面での影響など、様々な影響が指摘されてきましたが、

今回は、若者の「スマホ老眼」です。

 
スポンサードリンク

 
お笑いタレントのカンニングの竹山さんが
スマホ老眼」になっている・・とテレビ番組で話されていましたが、今や、多くの人がスマホや携帯などの影響で眼の異常を感じ始めているのではないでしょうか。

 
10代で老眼なんて、、、
これは、早めに対策をとらなくちゃ、子ども達が心配です。


スマホ老眼の症状や、治療方法、
予防する為に気を付けたい事などを調べてみることにしました!


 

スマホ老眼の症状と原因

 
通常、老眼は、40歳を過ぎた人が加齢に伴って水晶体が固くなってしまうため、眼のピント調整がうまくいかず、主に近くのものにピントが合わせづらくなるんですね。

sumahorougan
私も、45歳ごろから急激に、手前で見る小さな文字が見づらくなってきました。離すと見える事で、「あ、これが老眼なんだ!(悲)」と感じた事を覚えています・・。

初期症状としては、いきなり物が見辛くなるというよりも、眼の疲れなどを感じました。


◆ 老眼の症状

・眼の疲れ、ショボショボ感がある
・頭痛、眼の奥の痛み、違和感がある
・首や肩こりが酷くなった
・本や新聞の文字が見えづらい(特に夕方や薄暗い場所で!)
・近くのものをみて、遠くをみる、又はその逆でも、すぐにはピントが合わない。

 
では、
一般的な老眼の症状と、スマホ老眼の症状には違いがあるのでしょうか?


やはり、眼のピント調整が悪くなるということで、スマホ老眼の症状は、老眼の一般的な症状と同じようなものですが、問題なのは、眼だけではなく全身への影響も大きいこと!

 
長時間スマートフォンや携帯電話の画面を見続ける事での影響は眼ばかりではありません。

先にも書いたように、下を向き続ける事で首の骨えの負担によってストレートネックになり、頭痛や吐き気などの症状に悩まされている人も増えているそうです。

 ↓ 首の骨がまっすぐになってしまうのがストレートネック!

ストレートネック
そして、姿勢の悪さから、猫背の様な肩が内側に入り込んでしまう「巻き肩」という症状も出ているようです。これは、スマホ肩とも言われています。


成長期の10代の子供たちもスマホを長時間見続けることで体への影響が心配されています。

 
そして、老眼の原因は主に加齢ですが、
スマホ老眼の原因は「眼の酷使」これですね(^^;

パソコンやテレビも長時間みているけれど・・
そう、スマホなど携帯の場合は、その距離が問題!
そして、頭を下にした姿勢。

 
長時間スマホを見続けている事による影響は、眼だけではなく体中のいろんな部分に影響が行きます。画面を集中して見続けることで、ドライアイにもなりますし、眠る直前まで光を浴びるのは、睡眠への影響もありますね。

 
スポンサードリンク

スマホ老眼の治療法

 
一般的な老眼の治療方法は、メガネなどで眼の調整力を補う事がほとんどで、お薬や手術なで老眼を治療するということは出来ないようです。

 
・・これは老いを受け入れる他なさそうです・・はい。
私は近視もあるので遠近両方メガネを作ったのですが、これまた慣れるまで眼が疲れます。
頭がくらくらすることも・・。

 
スマホ老眼の治療は、加齢とは違って、治療法があるのでしょうか?

・・残念ながら、お薬で治す・・なんていう治療法はやはりありません。
症状に合わせての対処法としての治療はありますが、スマホ老眼にならない為の「予防」が大切だということですね。


スマホ老眼の予防法!


眼の疲れ
まずは、眼の疲れを取る事!
必用なのは、眼を休ませてあげることと、眼の周りの筋肉をほぐしてあげること。
 

◆ 眼の疲れを取るツボを押す

眼の周りの骨の部分を気持ちいいと感じるくらいの力で押してあげると
血流がよくなって疲れがとれます。

◆ 眼のエクササイズ

2秒感覚で眼を閉じたり、パッと開いたりを繰り返すエクササイズも
眼の疲れをとるのに有効です^^

◆ 疲れをとるグッズを利用する

ホットアイマスク、ブルーライトをカットするメガネなどを利用する。
スマホに指輪の様なクリップを取りつけて、
前を向いたままスマホ操作が出来る便利グッズなども!

 
普段からパソコンなどの仕事をする人も、長時間使用して眼を酷使しないように、適度な休憩時間を設けて、眼も腰も労わってあげましょう~^^


さいごに・・

 
10代、20代がスマホ老眼・・って なんだか衝撃的な言葉でしたが、
画面を長時間見続ける事は、どう考えても疲れますよね(^^;

姿勢だって崩れちゃいます。

 
今や、パソコンや携帯、スマホは欠かせないものになっています。
子ども達にも使うな・・とは言えません。

だからこそ、
せっかくの便利グッズに振り回されないように、
上手に使う方法を考えていけなくちゃいけないと感じました^^

まずは、健康あってのものですからね♪

Return Top