40代女のわくわくライフ

Read Article

すい臓がんは血糖値の急上昇をチェック!【ためしてガッテン】

5月20日のNHKためしてガッテンは、
すい臓がんの早期発見を自分で判断する・・という内容でした。


「すい臓の声が聞こえた」という福岡県の高松康子さんの早期発見が今回の自己判断ガイドになりました。そのキーワードは、「血糖値の急上昇


ポイント
高松さんは、元々糖尿病の治療で病院に通っていた為に早期発見できたというわけではなく、ポイントは、運動も、食事も、ストレスも普段と同じ様な状態なのに、血糖値だけが急上昇することが危ないのだそう。

血糖値が急上昇するということは、すい臓のお仕事である、インスリンを出す事ができなくなっている状態だというのがわかるんですね。

 
高松さんは、糖尿病の治療の為に規則正しい生活をしていたにも関わらず、血糖値の急上昇があり、エコー検査をしたところ、初期のすい臓がんを発見することができたそうです。

 
スポンサードリンク

すい臓がんを早期発見するためのポイント

 
以下の事が当てはまらないのに、血糖値が急上昇している人は要注意!!



1:食べ過ぎ飲み過ぎの覚えがない。体重の増加も無い。
2:生活環境に変化が無い。(ストレスなどが特にない)
3:家族・親族(二親等)に糖尿病患者がいない。

 
一年に2回くらいは血糖値のチェックは受けた方がいいようです。
消化器の専門医でない場合、すい臓がんを疑わない医者も多いようなので、自分から積極的に超音波(エコー)検査をお願いするなどした方がいいとのこと。

すい臓がん自己診断
「お言葉ですが・・」と 勇気をもってお医者様に検査をお願いして、自分の身体は自分で守ろう!・・ためしてガッテンではそこをお伝えしていました^^


最新の癌発見法!すい臓がん検査も進んでいた!

 
ためしてガッテンの予告で「紅茶」というキーワードが出ていて気になっていたのですが、すい臓がん検査で登場しました。超音波(エコー)検査をしても、すい臓という臓器は見えづらい部分にある為に、見落としもありえますが、


検査の前に「ミルクティー」を飲むと、すい臓の画像がくっきり!それで、すい臓がんになる可能性があるという「すいのう胞」も発見できるそう。

 
そして、MRCPによって、すい臓がんの9割が見つかるということも!
とはいっても、こういった設備は大きな病院にしかないわけで、やはり自分で行動して積極的に検査を受けるということがポイントになってくるのかも知れませんね。

ためしてガッテンの最新癌検査は、大阪府成人ガンセンターでした。

 
最新の検査では、

1:理由がないのに血糖値が急上昇
2:超音波(エコー)検査で「すいのう胞」がみつかる
3:アミラーゼ値(酵素のひとつ)が基準値超え

 
こういった方は、すい臓がんの疑いがあるということで、注意が必要とのこと。

ちなみに、ミルクティを使ったエコー検査のお値段は、3割負担で9000円程度だそうです。
すいのう胞がある人は、ない人の22倍もの膵臓癌のリスクがあるので要注意。


matome1膵臓がんの末期症状や家族の想いなど:関連まとめ記事
膵臓がんの末期症状や気付けなかった初期症状、抗がん剤治療のことなど、患者の家族として感じたことを思ったまま綴った記事などをまとめました。

少しでも参考になれば幸いです。

Return Top