40代女のわくわくライフ

Read Article

四十肩の症状と治し方!腕のしびれと痛みを取りたい!

ある日突然、肩が上がらない!
腕がしびれる様に痛い・・これってまさか四十肩?!


四十肩の症状は人によって様々。肩が痛い、腕が痛い、肩甲骨が痛い・・
安静にしたらいいの?ストレッチはすべき?
四十肩を早く治す為にどうすればいいのと焦りました・・。

 
そこで、四十肩の症状と治し方について調べてみました!
四十肩、五十肩など、肩こり解消の簡単ストレッチ動画も紹介します^^


 
スポンサードリンク


四十肩の症状や治し方について調べてみることにしました。

四十肩の症状は痛み?手が上がらない不自由さ・・

 
四十肩とは40代〜60代に起こる、
肩関節の痛みと動作に制限が出てしまう症状のことをいいます。

四十肩の症状と治し方
四十肩と五十肩という呼び方がありますが、
どちらも肩関節周囲炎と呼ばれる症状のことを言います。
症状が出てくる年代によって呼び方が違うだけなんですね!

 
最近は発症年齢が下がってきたために、四十肩と呼ばれることが多いです。
強い痛みが長期にわたって続くことが多いので、
最初に出た痛みを見逃さずに対処することが大切になります。


四十肩の初期症状と本格化した症状

 
四十肩は女性の方が発症する人が多く、
利き手ではない反対の肩に痛みを感じることが多いと言われていますが、
私の場合は、利き手側の肩から腕にかけて痛みがあり、家事が大変でした。


初期症状は、腕を上げると肩が痛む、
寝返りをうつと肩が痛む、腕が思うように動かせない、
腕の可動範囲の制限される、寝ている時に肩が痛む、という症状が出てきます。

初期の頃は、寝ている時に痛みで起きてしまうほどでした。
それが、日にちがたつにつれ痛みは治まってきました。

 
肩の動きが悪くなる「凍結肩」。
肩腱板内に沈着した石灰質が溜まり、
腱板から飛び出して、関節が動かせなくなる「石灰沈着性腱板炎」という病気もあります。

 
髪の毛が洗いにくい、高い所の物が取れない、
手を後ろに回せない、など日常生活の動作に痛みや制限が出てしまう程度で、
それ程重くないから大丈夫だと放っておくと、もう一方の肩も発症して痛みも強くなり我慢できない程になります。

 
肩関節が全く動かせなくなり、腕全体がだるく感じ、麻痺している感覚にもなります。
こうなると、服が着られない、排泄処理ができない、など日常生活な大きな支障をきたします。

 
肩関節は関節の中でも、よく動かすことの多い重要な関節なので、
肩関節か動かなくなった時の影響力はとても大きいものです。



 
スポンサードリンク

四十肩の原因

 
四十肩になる原因は、今のところはっきり分かっていませんが、
1番の原因は、加齢と運動不足で肩関節に関係する筋肉が硬くなってしまうことではないかといわれています。

 
筋肉が硬くなると、柔軟性が失われてしまい、スムーズな動きができなくなります。
肩関節周辺の筋肉は4つあり、肩関節と上腕を固定する役割をしています。この筋肉が炎症を起こすことで四十肩を発症します。

 
四十肩の人の肩関節の内部を見ると、赤く腫れ上がり炎症が起きているのが分かります。
四十肩はよく動かしていない方の肩に起こりやすいということから、
スポーツをしていた、仕事で肩をよく使っていた、という人よりも、事務やパソコンをよく使う人などデスクワークの人がなりやすいといわれています。

四十肩の治療法


四十肩と五十肩の違い
痛みを和らげる・・強い痛みを感じたら安静にしていることが大切です。
そして幹部を温めると痛みが緩和します。
蒸しタオルや温湿布、お風呂の湯船に浸かることで、筋肉か和らぎます。

 
夜に寝ている時に肩を冷やすと、朝肩に痛みを感じます。
肩を動かす時は、ゆっくりと動かし、少しずつ可動範囲を広げていきます。
痛みがひどい時には、鎮痛剤を利用した方がいいと思います。

 
肩を動かせるようにする・・四十肩を治すには、
ストレッチや体操などで肩関節をよく動かすことが効果的です。

 
腕を肩からぐるぐる回す激しい運動よりも、
ヨガや太極拳、ピラティスなどのゆっくりと肩関節を動かす運動がオススメです。


■ 簡単ストレッチの動画がありました^^




痛みが強いうちの運動は医師の相談の元に行った方が安心です。
私が整形外科で診察を受けた時には、
多少痛くても、ストレッチのような、肩を伸ばす運動は続けなさいと言われました。

 
四十肩にならないためには、
40代になったら積極的に関節や筋肉を動かすことが重要になります。

痛いから動かさないでいると、関節や筋肉は固まり、
どんどん動かなくなり痛みも増してしまうという悪循環に陥ってしまいます。

 
ツボ押しやマッサージ、鍼治療などで痛みは軽くなりますが、
一時的なものなので、継続した治療が必要になります。

 
痛みが長く続く場合は整形外科を受診します。
1年くらいで痛みが治まりますが、四十肩になったら、
体からの老化のサインと捉え、普段の生活を見直していくといいでしょう!


ちなみに、
整形外科で肩へのヒアルロン注射を5回ほど受けましたが、
私の場合は、目に見えるような効果はありませんでした。
でも、これがクッション材になり、動きがスムーズになる人もいるようです。

■ 関連記事
四十肩と五十肩の違いって?!寝れないくらい痛いのに自然に治る?
肩の痛みは五十肩じゃなかった?!【たけしの家庭の医学】

Return Top