Read Article

紫外線アレルギーが顔に!治すために知っておきたいこと

どうして、紫外線アレルギーの症状は顔に出るの?!

紫外線アレルギーは、花粉症と同じように、ある日突然発症します。
一度発症してしまうと、自然に治すことは難しく、少しの紫外線の量でも症状が出てきてしまう厄介な病気なんです。

子供よりも、大人の女性に多くみられます。

 
スポンサードリンク

紫外線アレルギーが女性に多いわけとは?


紫外線アレルギーが顔に出る
紫外線は、太陽の光の中に含まれていて、波長が短く強いエネルギーを持つ光です。
波長の長さにより、UV—A、UV—B、UV—Cに分けられます。

 
UV—Aは、季節、朝夕でもあまり減少せず降り注ぎ、シミやシワの原因になり、皮膚の老化を促進させます。UV—Bは、日焼けを起こし、皮膚や目に悪影響をもたらします。UV—Cは、大気層で吸収されるので、地上には届きません。

紫外線アレルギーは、紫外線を浴び続けることにより、抗体が一定の量を超えることで発症します。紫外線を浴びた部分に症状が出るため、顔や首、手足にあらわれることが多いです。

 
女性に多く見られる症状として、顔だけに症状が出てしまう場合があります。
この場合、顔につけた化粧品や日焼け止めが原因で起こってしまった可能性があります。


紫外線アレルギーは日光アレルギーと同じもの?

 
初期症状と本格化した時の症状として・・

日光に当たった部分、まぶたや目尻、顔の側面、首や手足がかゆくなり、その後赤みと湿疹が出てきます。かゆみが強くなり、掻きむしると蕁麻疹のように広がります。

 
ひどくなると、顔がやけどしたように赤く腫れ上がり、水ぶくれや頭痛や発熱、吐き気を引き起こしてしまいます。

 
紫外線アレルギーの他に、日光アレルギーと呼ばれる病気もありますが、ほぼ同義語で、日光過敏症、日光性皮膚炎ともいわれています
紫外線アレルギーの方が顔にあらわれることが多く、UV—Aに反応して起こると考えられています。


 
スポンサードリンク

紫外線アレルギーの治療法が知りたい!

 
紫外線アレルギーは皮膚科の検査ですぐに分かります。
皮膚の炎症はステロイド剤の塗り薬を使って治療しますが、アレルギーの根本的な治療にはならないので、同時に自分でアレルギー対策をしなければなりません。

 
紫外線対策として日焼け止めを塗ることも重要だが、アレルギーの原因を特定するために、使用した化粧品、日焼け止めをきちんと調べることも大切です。

 
自己判断で薬局の非ステロイド剤などを塗ると、その薬が原因になりアレルギー反応が出てしまうこともあるので、医師にきちんと診断してもらい治療することが大切です。


紫外線対策をしてアレルギーから肌を守ろう!


光線過敏症
紫外線を防ぐには、予防と対策が重要になります。
紫外線は、夏場に強く降り注ぐイメージがありますが、一番気をつけなければならない季節は春です。

 
紫外線アレルギーを引き起こすUV—Aは1年中降り注ぎ、特に4月5月がピークになります。曇っているからといって油断してはいけません。
残念ながら、UV−Aの波長は曇りの雲もガラスの窓も透過してしまうんですね。

 
また、紫外線は肌の奥に蓄積されてしまうということを意識して生活しなければなりません。洗濯物を干したり、ちょっと買い物に出るだけと思い、対策を怠ると、どんどん紫外線が蓄積されてしまいます。

 
そして、日焼け対策として日焼け止めクリームを使用する際に必ず成分を確認する必要があります。日焼け止めクリームには「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」を含んでいる物があります。


紫外線吸収剤は、紫外線を吸収する強い成分が入っていてSPFが高い日焼け止めの中に含まれています。紫外線散乱剤は、紫外線をはね返し、ファンデーションなどにも使われている成分です。低刺激ですが、白浮きが気になるのが欠点です。

 
肌が弱い人は紫外線吸収剤入りの日焼け止めクリームは避けたほうがいいでしょう。また、SPFの数値はUV—Bを防ぐ強さ、PAの+の数はUV—Aを防ぐ強さを表しているので、用途に合わせて使い分けるといいと思います。

 
日傘、サングラス、UVカットのカーテンやフィルムも紫外線対策に効果的です。

 
◆ 関連記事

春先に紫外線にあたって顔が赤くなったりピリピリするのは、メラニンの減少のせいだった!

NHK「あさイチ」の情報では、化粧品や日焼け止めクリームの使い方だけではなく、冬から減少していくメラニンが肌トラブルの原因と・・

光線過敏症で顔のかゆみに!あさイチで紫外線アレルギー?

夏よりも春に症状が出る人は、参考になるかも知れません。

Return Top