40代女のわくわくライフ

Read Article

ロタウイルスの予防接種の費用と副作用が知りたい!

実は私、子どもを産むまでロタウイルスという存在すら知りませんでした。
長男が初めて白い便をしたのでビックリして病院に連れて行くと、ロタウイルスによる胃腸炎だと診断されました。

ロタウイルス
もう10年以上前の話なのですが、その当時はロタウィルスの予防接種はなかったように思います。長男も次男も病院から勧められたこともなかったので・・。

 
それから10年の間が空いて長女が産まれたのですが、予防接種事情がすごく変わっていて新米ママ同様オロオロしているなか、ロタウィルスの予防接種まであることを知りました。

 
受けた方がいいのか?
費用は?とわからないことだらけだったので、調べてみました!

 
スポンサードリンク

ロタウイルスの予防接種費用

 
ロタウイルスの予防接種は任意接種になるので費用は高めになります。
経口生ワクチンで2種類のワクチンがあります。

もちろん接種するのはどちらか一方ですよ。
そしてワクチンによって費用・接種回数が異なります。

 

≪ロタリックス≫

日本国内で最初に発売されたワクチンで、
甘いべっこう飴のような味がするそうです。

費用は1回12000円程で接種回数は2回で完了になります。

 
≪ロタテック≫

ロタリックスより後に発売されたワクチンで
複数のロタウイルスの型に対応しています。

費用は1回8000円程で接種回数は3回で完了になります。

 
どちらも総額は24000円程と高額ですが、自治体によって補助金が出るところもありますので確認した方がいいですよ。

 
あと、どちらのワクチンがいいのか・・ということですが、先程の書き方では≪ロタテック≫の方が複数に対応しているのでいいのではないかと思われるかもしれません。

ですが臨床上の効果は変わらないそうですので小児科の先生に相談してみましょう。

予防接種の副作用と必要性


ロタウイルスの予防接種
ワクチン接種後は病院内で様子を診るために30分程待つことになります。
経口接種なのでたまに吐いてしまう乳児さんもいるようです。

 
親としては副作用も気になるところですよね。
噂で重篤な腸重積を引き起こすと聞いたことがあったので警戒していたのですが、生後3ヶ月まではその可能性は極めて低いそうです。

 
生後6ヶ月を過ぎると可能性が少し高くなるようですが、ワクチンを接種した、しないに関わらず同じ率の可能性だという報告もあるそうです。

 
その他の副作用としては咳・鼻水・発熱・下痢・嘔吐で症状も軽いようです。
ですが個人差もありますので、接種後は少なくとも2週間はしっかり様子を観察しください。

 
次に予防接種の必要性についてですが、
ロタウイルスは乳幼児の95%が感染するといわれています。

 
生後3ヶ月までは母体からの免疫で感染しても軽い症状で回復するようですが、生後3ヶ月以降に初めて感染すると重症化しやすいとされています。

 
ひどいと脱水・脳炎・脳症・腎不全まで併発し入院治療しなければいけなくなります。
そう考えると私個人としても受けておくべき必要性があると思います。海外では定期接種に指定している国もあるのですから。

 
スポンサードリンク

ロタウイルスはどんな症状なの?

 
ではロタウィルスに感染するとどんな症状が出るのでしょうか?

特徴的な症状としては突然の嘔吐に白く水っぽい下痢便が挙げられます。
発熱も伴うことがあります。

 
生後3ヶ月~24ヶ月の乳幼児が感染しやすく、生後7ヶ月~15ヶ月頃にピークを迎えます。
それ位の月齢の乳幼児をお持ちの親は、冬から春にかけて注意が必要ですね!

赤ちゃんが産まれてしばらくすると、予防接種の嵐が怒涛のように押し寄せてきますよね。
兄弟がいると頭の中はパニック状態でした。

 
「次は誰に何の予防接種だっけ?」
「予防接種が近いのに発熱・・」ですが10年前より予防接種の種類が増えているということは、必要だからなのです。

 
だからといって訳もわからずむやみやたらと受けるのは親としていかがなものでしょう。
しっかりと効果・副作用などを把握・理解して受けましょうね。
大切な我が子のために・・。

Return Top