40代女のわくわくライフ

Read Article

もしかして不眠症?!リズム障害は更年期にも関係あるの?

体内時計が狂うことでおこる概日リズム障害(がいじつりずむしょうがい)
知らず知らずのうちに、夜型生活が自分の体内時計を狂わせていたのかも・・

リズム障害とは
年齢と共に、睡眠の質が変わってきたように感じるこの頃。
少し前までは、ベッドに入るとすぐに眠れたのに、

 
ここ最近は、体は疲れているはずなのに、
寝付くのにも時間がかかるうえに、途中で目が覚めるともう眠れない。
もしかして、不眠症?! なんだかその言葉で不安にもなってしまう。

 
翌朝は、ぼーっとしてて頭は当然冴えないので
仕事の集中力も落ちていいことなしなのです。
これは、更年期の始まりなのか・・と思っていて。

でも、体調不良をなんでもかんでも更年期障害のせいにして逃げている気がしたので、
睡眠についてちょっと調べてみました。

 
スポンサードリンク

リズム障害とは?眠れなくなる原因は?


体内時計が狂ってしまう概日リズム障害は、
朝起きて、夜には寝る・・
この当たり前の生活リズムパターンで暮らしていればなることもないのでしょうが、

夜勤などの勤務体系の方や、
夜更かしをして昼夜が逆転しているような生活パターンの方は、
この概日リズム障害になりやすいのだそう。

 
深夜働く事があっても、日々の生活でリズムを立て直すことは出来るので
夜勤シフトだから、必ずしも体内時計が狂うという事ではないよう。

結局は他の病気と一緒で、
小さな事の積み重ねで、ある時体が参ってしまう・・ということなのでしょうか。

 
症状として、一番多いパターンが
早く寝たいのに、寝付けない。。。という事。

 

 ◆ 概日リズム障害の種類 ◆

 
  • 睡眠相後退症候群
これは、眠りたい時間になっても眠れず睡眠時間が、
どんどん後退して眠る時間が深夜から明方、そして朝に・・とずれ込むパターンです。眠気がくるのに時間がかかるため、昼夜が逆転する方向に行ってしまいます。
  • 睡眠相前進症候群
 

これは、お年寄りに多い睡眠障害で、
夕方から眠気がきてしまうパターンです。当然夜中に目が覚めてしまいます・・。

 
  • 非24時間睡眠覚醒症候群
この睡眠障害は、眠りにつく時間が同じパターンではなく、
30分から1時間ほど、後退して毎日ずれてくるというもの。

 
  • 不規則型睡眠覚醒パターン
これが、一番大変かと思われるパターンです。
一日中、昼夜関係なしに、不規則に眠くなってしまう睡眠障害。
これじゃ、自動車の運転なんて怖くてできません。・・してはいけないでしょう。

 
  • 交代勤務睡眠障害
文字通り、夜勤シフトの影響などにより、
眠りたいのに眠れないうえに、すぐに目が覚めてしまうパターンです。
いつも睡眠不足で、フラフラ状態。 これでは仕事なんてできません。

若い人からお年寄りまで、とても多くの人が不眠に悩んでいます。
朝、スッキリと起きれない辛さは、生きる気力さえ奪ってしまいます。
睡眠を簡単に考えていましたが、深刻な病気だと感じました。

睡眠の質が悪いと、物忘れや、認知症になる可能性も高くなる・・
そんな情報番組の言葉にも驚きました。

これから訪れる更年期に、不眠症になる人は多いと聞いています。
なんだか とても不安になってしまいます。

 
スポンサードリンク

更年期と睡眠障害との関係とは?



更年期の不眠
女性ホルモンの分泌が激減する更年期の頃、
不眠症など睡眠障害を患う人が増えていると聞きます。

 
寝付けない「入眠障害」や夜中に目が覚めてしまう「中途覚醒」が多いそう。
更年期の場合、ほてりや頭痛など、他の更年期症状が出ると不眠も同時に起りやすいというパターンがあるようです。体は全体で影響を受けるものなので当然といえばそうなのですが。

 
辛い時に、同時に不眠症にもなってしまうなんて、辛いですが、
それこそ、早めにクリニックなどでアドバイスをもらうというのも必要かも知れません。


毎日の生活、人付き合い、仕事、様々な所に影響が出てきます。
その事で、メンタル面でも病気になってしまう可能性もでてきます。
早めに、診察を受けて、改善策を見つける事が重要だと感じました。

 
■ 関連記事
更年期ダイエットはサプリで効果的に!選び方のコツって?
更年期の生理不順はどのくらい続くの?!周期がバラバラで不安・・
更年期の閉経の疑問・・いったい生理はいつ終わるの?!

Return Top