Read Article

お年玉の相場が知りたい!小学生だといくら渡す?

お正月、子供達にとって一番楽しみなものは「お年玉」ですね~。
学校は冬休みで、お小遣いがもらえて、ウキウキしていることでしょう。

がしかし! あげる方としては、結構大変だったりします(^^;
甥っ子や姪っ子が多い私は、出費も気になるところ、周りとのバランスもありますし・・
ケチって言われないようにと、、思ったり。
 
スポンサードリンク

お年玉の額、小学生の相場ってどのくらい?

 
「お年玉どうもありがとう!」と笑顔でお礼を言う子供達ですが、
自分の部屋に入ってから、「あの、おばちゃんは2000円しかくれなかったな。昨日のおばちゃんは3000円くれたのに。」とコソコソ話していたりします。
(ひぇ~ 汗)

お年玉
しかし、お年玉をあげる方は、いくらあげたら良いか悩んでしまう人は多いかと思います。
子供達は毎年成長し、毎年同じ額という訳にはいかないからです。

 
お年玉の年齢別の相場を知り、今年のお正月はスムーズに、お年玉の用意ができるようにしましょう。・・世間の相場をチェックするのは大切ですものね^^

 
小学生のお年玉で一番多い額は、3000円〜5000円と言われています。
お年玉の相場を「年齢÷2×1000円」としている人も多いようです。

 
お金をあげるのは小学生からで、幼稚園までの幼児には、おもちゃやお菓子の方が喜ばれるので、お金だけでなく工夫してお年玉を考えて渡すと喜ばれます。
また、お札を新札で渡すことが基本になり、子供も新品の綺麗なお金の方が喜びます。

お年玉、低学年と高学年の平均額

 
子供は、兄弟間でも平等さを敏感に感じるので、渡す方も自分の中で基準を作って成長に合わせて額を上げていくと、子供は納得してくれると思います。

お年玉の相場
お年玉の小学生の低学年の相場は3000円が多く、1000円〜10000円に人もいます。小学生の高学年の相場は、5000円が多く、2000円〜10000円の人もいます。

 
近い親戚関係や親しい友人など、その家との関係性により、額が変化しているようです。

お年玉をあげる子供の人数が多くて大変という人は、年齢関係なく、一律3000円と決めて渡している人もいます。

お年玉はいくつまであげるのか

 
これが、意外と悩むところであります(^^;

中学生、高校生のお年玉の相場は5000円で、大学生や社会人になると10000円〜と額が上がります。大学生や社会人になっても、お年玉をあげるの!?と思う人もいるかと思いますが、多くの人は、高校生まであげているようです。

大学生や社会人まで?!・・ちょっとびっくりです。
 

その家の関係性によって、学生の期間まではあげる、20歳まではあげる、などと決まるようです。

 
子供もお年玉をもらえなくなった時に、「自分は大人になったのだな」「自立したのだな」と思うかもしれません。・・そう思ってもらいましょう!

 
スポンサードリンク

お年玉の語源は?どうして始まったのか。

 
小さい頃から、お正月にもらうのが当たり前だったお年玉ですが、お年玉の風習はいつから始まったのでしょうか。

mochitsuki
お年玉は、今はお金ですが。もともとお餅を渡していました。
そのお餅は、普通のお餅と違って「魂」の宿ったお餅で、お正月にお供えをする鏡餅を分けたものになります。

 
鏡餅には、年神様の「御魂みたま」が宿ります。その、ありがたい鏡餅を、家長が家族に分け与え、お雑煮にして食べることで、体に魂を入れるという意味があります。

 
お年玉は、家長から家族へ渡していたことから、目上の人から目下の人に渡すという風習になっていき、昭和30年代の高度経済成長期頃から、お金が多く出回るようになったので、大人から子供に渡すようになりました。

 
お年玉やお正月の風習の意味を改めて知ると、日本文化の面白さ、奥深さを知ることができます。

お年玉のポチ袋への入れ方

 
肖像が描かれている表を出して、三つ折りにします。
左、右の順に折り、開いた時に表が出るようにします。四つ折りは縁起が悪いので、やらないほう良いでしょう。

 
ポチ袋に上下が逆さまにならないように気をつけて入れましょう。
硬貨を入れる場合も、硬貨の表にして入れましょう。
新札を使うことを忘れずに、年が開ける前にお年玉用に用意しておくと良いと思います。

Return Top