Read Article

麻倉未稀が乳がん・・名医の太鼓判で発見。人間ドック受けてますか?

やはり、人間ドックは受けなくちゃいけないんだ……

そう思ってしまったのは、麻倉未稀さんが乳がんで左の乳房全摘出手術という報道があったことと、翌日には、歌舞伎俳優の中村獅童さんが、肺腺がんであることを告白したこと。


お二人共に(麻倉未稀さんは名医のTHE太鼓判の企画だけど・・)人間ドックによって、早期にガンが見つかったことも衝撃でした。

早期というと、ほとんど自覚症状がないだけに、よっぽど意識的に健康管理をしていないと早期発見できなかったかもしれないんですよね(^^;

とは言っても、麻倉未稀さんの乳がんは、比較的早い段階の乳がんなのに、左乳房全摘って・・(泣)


芸能界には乳がんを克服されている方、今も戦っている方、多いですよね。
それだけ、女性にとって乳がんになる可能性が高いガンなんだ・・と改めて恐ろしくなりました。

名医のTHE太鼓判で胸にしこりが見つかったといいますが、乳がんはどんな症状の時なら早期治療が可能なのでしょうか・・そして、早期発見の為の乳がん検診(マンモグラフィー検査)について、人間ドックの費用などについてもチェックしてみました。

 
スポンサードリンク

麻倉未稀さんと乳がんのステージについて


麻倉未稀さんは、昔「スクールウォーズ」という青春ドラマの主題歌「HERO」が大ヒットしました。堀ちえみさんが主演のドラマ「スチュワーデス物語」のflashdanceとか・・

歌唱力がありカッコイイ歌い方というイメージの麻倉未稀さん。
今回乳がんの報道は驚きましたが、比較的早期の発見・・とのこと。

ガンの大きさは2㎝くらいで転移もないと報道がありましたので、ホッとしました。
ガンというと、やはり転移が心配です。

母をガンで亡くしていて、発見時にはすでに多数部位への転移があり、途方にくれた記憶があるので、転移が無い事は本当に生きる希望になりますね。

2㎝以下だと、がんステージでいうとⅠ期にあたるくらいだと思います
しかし、早期発見でも、左乳房の全摘の手術をするというのがショックでした。

手術の後は、再発防止の為に薬物治療などをする事も多いようです。
乳がんの手術をしても、再発との不安を抱えて過ごさなくてはいけないというのは、精神的にもツライものだと思います。

多くの人は、病と闘っているんだと改めて感じました。
早期発見をするためにも、やはり乳がん検診は受ける方がいいんですね(^^;


乳がん検診は痛いからヤダ?


乳がん検診の視触診やマンモグラフィーの検診は、痛いし、恥ずかしいから、もうやりたくない。私もそう感じたひとりです。

でも、今、マンモグラフィー検査をを受ける人が急激に増えているそうです。
それは、テレビなどによる「芸能人の乳がん告白」の影響も大きいと思います。


北斗晶さんが乳がんを告白し乳がん検診の重要さを伝えたことで、受診する人が増えたとも言われています。そして、歌舞伎俳優の市川海老蔵さんの奥様、小林麻央さんが闘病生活を自らブログで発信していることも影響があるのかも知れません。


年回1万人以上の女性が乳がんで亡くなっているという事実。
自分で鏡でチェックしたり、触れたりしても、見つける事ができない初期の場合は、やはりマンモグラフィー検査です。


どうして、痛いのかというと、、胸を板の様なもので挟むから(^^;
・・胸にボリュームがある人はそうでもないのかも知れないのですが、胸が小さい私の様な人はけっこう痛いし、、恥ずかしいというのもありますよね。。。


まずは、乳がん検査の流れを紹介します。

 
スポンサードリンク

乳がん検査の流れ


主な検診は

1:視触診

2:マンモグラフィー検査

3:超音波検査

4:CTMRI検査

視触診
視触診は、胸にひきつれた部分やくぼみなどがないか視診をしたり。
手で触れてしこみが無いか、乳頭から分泌物の有無をチェックをします。

マンモグラフィー検査
マンモグラフィーは乳房専用のX線検査です。
2つの板に胸を挟むようにして、胸にしこり等がないか見る事が出来ます。


超音波検査
30代より若い年代の場合、マンモグラフィー検査では乳腺が白く写ってしまうこともあり正確な診断が難しい為、超音波を使ったエコー検査をするようです。


CT・MRI検査
体を輪切り状態にして画像がとれる検査で、より精密な状態(腫瘍の広がりなど)を見る事ができる検査です。


乳がん検査【マンモグラフィー検査】の費用


各自治体によっても違いはありますが、40歳以上になると、子宮頸がん検診と一緒に乳がん検診の案内が届く事が多いようです。

案内は地域での自治体による集団検診と個人で病院などに出向く個別検診があります。
検診費用は、公的な補助があるため、比較的安く受けることができます。

私の住んで居る地域では、

・集団検診のマンモグラフィー検査・・・1500円
・個別検診のマンモグラフィー検査・・・2000円

で検査が受けられます。
集団検診の場合は日時や場所が指定されているので、仕事など中々スケジュールが合わず結局個別検診を受けています。


以前までは、乳がん検診として、視触診(見たり、手で触れてしこりのチェックをする)がありましたが、現在はマンモグラフィーのみです。これは地域によって違うと思います。

これが、公的な補助金もなしに、個人で検診を受けるとすると費用も違ってきます。


・全額負担の場合・・例:マンモグラフィー検査単独5000円前後
これに加えて診察費用も加わり1万円以上はすると思われます。


超音波エコー検査は4000円前後+診察費用といった感じが多いようです。
地域によっても差がありますので、個別検診、集団検診も、医療機関に直接確認してみましょう^^

Return Top