40代女のわくわくライフ

Read Article

ノロウイルスの出勤停止期間!判断基準はコレ!

毎年感染者が増えているノロウイルス。
感染力がインフルエンザの1000倍という脅威・・しかもアルコール消毒が効かないというじゃないですか!

嘔吐するだけでも体力を消耗するってのに、家族で感染しちゃったらどうなるんだろ・・

 
スポンサードリンク

 
そんなウイルス性食中毒のノロウイルスにかかった場合、あるいは家族に感染者が出た場合、潜伏期間と思われる時期に出勤していいのか?

完治したと判断する基準はいつごろなのか?

新型ノロウイルスの感染者が増える時期にパニックにならないように、調べてみることにしました!

ノロウイルスの出勤停止期間はどのくらい?


出勤停止期間
ノロウイルスにかかってしまった場合、完治したらすぐに会社に復帰していいの?
・・仕事がたまってるんだけど・・と心配したり。

 
いやいや、勝手な思い込みで出勤して、同じフロア内の同僚をノロウイルスで全滅させてしまう可能性だってある脅威のウイルスです、ここはちゃんと確認しましょう!

 
家族がノロウイルスに感染した場合、会社でお隣の席の方がノロウイルスにかかった場合、すでに自分にもうつっている可能性ってどのくらいあるのでしょうか(^^;

 
まずは、潜伏期間について。
ノロウイルスの潜伏期間は短く、24時間から48時間では、下痢や嘔吐などの症状が出る場合が多いので、どこでうつってきたのか原因が特定できるのが特徴です。

 
子供の場合は、嘔吐と下痢。大人の場合は体が大きく消化器官にウイルスが長く残るために嘔吐よりも下痢の症状が強くでる場合が多いようです。高熱になることはあまりないようですが38度前後の熱が出た後に、嘔吐や下痢症状が出る人もいます。

 
症状が改善されるまで2、3日と比較的早い印象なのですが・・
しかし、、問題なのが、体内にノロウイルスが一週間、長いと一か月もの間生き続けて、便と一緒に排泄されるというのです!

ノロウイルス

ということは・・
排便した後に、別の人がウイルスに接触したら感染してしまう可能性が長期間あるということになります。

 
とはいっても、体調は回復しているのにいつまでも会社を休むわけにはいきませんよね(^^;

インフルエンザのように、
学校や会社などで出港停止期間が定められているのでしょうか?

 
実は、法律による出勤停止期間が定められているわけではないようです。
学校も同じく出校停止期間というものがなく、会社が学校独自で決めている場合もあるのです。

 
ですが、他人に感染させてしまう事もあるので、医療機関で検便等を受けてからの出勤が安心です!

ノロウイルスに感染してから平均的に1週間という人が多いようです。
しかし、便にはウイルスが残っている場合があるので、検査を受けてから出勤しましょう。

 
スポンサードリンク


ノロウイルスに感染したらどうしたらいいの?

 
すざまじい感染力と言われているノロウイルス。
かかってしまった場合はどう対処すればいいのでしょうか?

ノロウイルスについての分かりやすい動画がありました!




ノロウイルス

・・なんと、ノロウイルスには予防ワクチンも効果のあるお薬もまだ無いんです。
なので、対処療法ということになりますね。


嘔吐と下痢などの症状をおこしたら、症状が治まるまで安静にしていること。
なるべくウイルスを早く体外に出すことが大切なので、下痢を止めるような事はしない方がいいということですね。

 
だから、ヨーグルトなど乳酸菌をとって腸内を整えることがいいと言われるのですね。

 
脱水症状を起こす可能性もありますので、水分補給が大切になります。
自分で水分が取れない場合には、医療機関で点滴などの処置や吐き気止めのお薬を処方してもらうなどしてもらいましょう。

さいごに・・


お腹
調べれば調べるほどノロウイルスの強さと怖さが分かります(^^;
完治してからも腸内に1ヶ月も残ってしまう場合もあるなんて・・

 
患者本人だけじゃなく、強い感染力で周りにも患者さんを増やしてしまう可能性がある点も注意です。だからこそ、会社や学校に復帰する時期を自分勝手に決めてしまうのは危険なのですね。

 
自宅で感染者が排便をした後は、流す前にトイレのフタを閉めてから流すこと!
これって、かなり有効な事なのだそう。
開いたまま流すと空気中にウイルスが飛び散るので「流す前にフタを閉める」を!

 
そして、アルコール消毒では死滅しないのがノロウイルスですので、嘔吐物などの消毒の方法をチェックしておく必用がありますね。

関連記事
・ノロウイルス消毒液の作り方と感染予防食品とは?【ためしてガッテン】
ノロウイルスにかかった子供の症状はここに注意!

Return Top