40代女のわくわくライフ

Read Article

熱中症の症状と対策!赤ちゃんとお年寄りはどうすればいいの?

連日の猛暑で、熱中症への注意が呼びかけられています。
群馬県の館林市では39.2℃を記録したというニュースもありましたが・・
熱中症で搬送される人も増えているようです、気を付けましょう!

 
熱中症とはどんな症状なのか?どういった予防策をすればいいのか?
ニュースだけでは分からないので、ちょっと調べてみました。

 
スポンサードリンク

熱中症とは?室内でも油断しちゃダメ!

 
熱中症とは、気温が上昇した環境で起こる健康障害で、主に4つの症状に分けられています。

熱失神・・血圧が低下し、脳の血流が悪くなり、めまいや一時的な失神が起こります。
熱けいれん・・汗を大量にかくことで血液中の塩分濃度が減り、手足がつる、けいれんをします。
熱疲労・・脱水症状による頭痛や吐き気、倦怠感を感じます。
熱射病・・体温が上昇して中枢機能の異常が起こり、意識障害が起こります。

necchusyou
熱中症は暑い夏の日に起こるとは限りません。
6月下旬から7月にかけての梅雨明け時期や、真夏の夜間にも多く見られます。

 
梅雨明けは暑さに体が慣れていないと、うまく汗がかけず、体温調整機能が整っていないためです。また、熱中症は屋外でも室内でも起こるので注意が必要です。

 
そして、熱中症を特に注意しなければならないのが、赤ちゃんとお年寄りです。
赤ちゃんや幼児は、体温が高く、汗腺がまだ発達していないので、体温調整がうまく出来ず、熱中症になりやすいです。

 
お年寄りは、体の中の水分が少ないため、喉の渇きを感じにくく、同じ環境でも熱中症になりやすいです。また、熱中症になった時に重症化しやすくなります。

 
スポンサードリンク


初期症状と本格化した症状

 
熱中症の初期症状は、脱水症状から始まります。
脱水症状になると、口の中の乾燥、食欲の低下、舌が白くなる、手足の冷え、爪を押してすぐピンク色に戻らない、便秘になります。

 
熱中症の症状は、軽症・中等症・重症と3段階に分かれています。

軽症・・気分が悪くなる、手足がしびれる、足がつる、筋肉痛、顔面蒼白
中等症・・頭痛、吐き気、めまい、倦怠感、汗が大量に出る
重症・・意識を失う、もうろうとする、けいれん、体温の上昇

 
赤ちゃんの熱中症の症状は、熱があり、ぐったりしている、おしっこが出ない、機嫌が悪い、顔色が悪いなどで判断します。

暑い所に長い時間いたり、日光に長く当たると熱中症になってしまうので注意が必要です。赤ちゃんの様子や表情をよく観察することが大切です。

 
お年寄りは、汗をかかなくなるので、熱が体の中にこもり、熱中症になりやすいといわれています。おしっこの回数が減り、尿の色が濃い場合注意が必要です。

 
夜間、寝ている時もお年寄りの熱中症はよく起こります。夜間にトイレに起きることを気にせずに、寝る前にも意識して水分を補給することが大切です。

熱中症の治療法、子供やお年寄りの注意点

 
■ 軽症・・水分をとり、体を冷やして安静にする。涼しい日陰や風通しの良いところに移動する。塩分と糖分をとる。
■ 中等症・・安静にしながら様子を見て、病院に行く。
■ 重症・・救急車ですぐ病院に行く

赤ちゃんの熱中症
赤ちゃんには、ミルクや白湯、ベビー用の麦茶やイオン水をこまめに与えます。
熱中症の不安があるときは、濡れタオルや保冷剤をハンカチに包んで、脇や首、足の付け根に当てて体を冷やします。

 
外に出るときは必ず帽子をかぶりましょう。炎天下の車の中や、晴れた日の地面からの気温上昇にも注意が必要です。

 
お年寄りは、暑さや喉の渇きを感じにくいので、かくれ脱水にならないように、喉が乾く前に水分を補給することが大切です。我慢をしないで、暑い日には昼間、夜間もエアコンをつけて過ごした方がいいと思います。

 
赤ちゃんやお年寄りの他にも、肥満傾向の人、体力のない人、運動部の一年生、持病のある人、以前熱中症になったことのある人は注意が必要です。

 
肥満傾向にある人は、皮下脂肪で体の熱が逃げにくく、体を動かす時も沢山の熱が発生します。糖尿病、高血圧、心疾患、腎不全などの持病を持っている人は、熱中症にかかりやすく、重症化しやすい傾向があります。

Return Top