Read Article

七草粥の由来って知ってる?美味しい作り方もチェック!

ご馳走ずくめのお正月が終わって、
世間も通常生活に戻りつつある1月7日は何の日か知っていますか?

そう!
七草粥を食べる日ですね。
お正月でご馳走を飲み食いして疲れた胃を休ませてあげるために食べるとされています。

 
スポンサードリンク

 
とろこで、七草を全部言えますか?
私は毎年、子どもに教えるために指を折りながら言ってみるのですが、1回で完璧に言えたことがないのです(^^; 

いつも1つ足りなくて「あれ?何が抜けてるんだっけ?」となってしまいます。
そもそもこの風習はいつから始まり、
なぜこの七草をお粥にして食べるようになったのでしょう?

やはり主婦としては知っておきたいところですよね!
そこで七草粥の由来を調べてみました。

七草粥の由来を調べてみました!

 
日本古来の風習で、
春先に雪の間から新芽を出した若菜を摘む【若菜摘み】というものがありました。

そしてお隣の中国は唐の時代、無病息災を祈って1月7日に七種類の野菜を入れた汁物を飲む【七種菜羹(ななしゅのさいかん)】という風習がありました。


七草粥
平安時代の日本にこの【七種菜羹】の風習が伝わり【若菜摘み】と交わって、七草粥が食べられるようになったといわれています。

 
その後、時が流れた江戸時代に幕府が1月7日を「人日の節句」と正式に定めて、七草粥を食べる風習が定着したということなのです。
 
人日の節句・・なんて全然知りませんでした(^^;
 

◆ 五節句 ◆

・1月7日・・人日の節句
・3月3日・・上巳の節句(桃の節句)
・5月5日・・端午の節句
・7月7日・・七夕の節句
・9月9日・・重陽の節句
 
五節句の最初の日ですね。


七草の種類をチェック!

 
では、七草粥に入る七草とはどんな種類があるのでしょうか?
ここが、なかなか覚えられないとこでした(^^;

≪スズナ≫
一般的にいうかぶのことで茎にはカルシウム、白い根には消化を助けるアスターゼが豊富に含まれています。胃腸を温め、冷えによる腹痛を予防します。
 
≪スズシロ≫
これは大根のことですね。アミラーゼ・グリコシターゼが多く含まれているため、食物の消化を助けながら整腸作用もしてくれます。
 
≪セリ≫
貧血や便秘に効果のある鉄分・食物繊維が多く含まれている上に、ビタミンCやミネラルも豊富です。
 
≪ナズナ≫
いわゆるペンペン草のことです。胃腸障害やむくみに効果があり、利尿作用や解毒作用もあるので高血圧を予防します。
 
≪ゴギョウ≫
ゴギョウは成分がはっきり解明されていないのですが、胃炎を鎮めて咳・痰・熱を取って風邪の予防になるといわれています。
 
≪ハコベラ≫
タンパク質やミネラルが多く含まれていて、整腸効果・利尿作用があります。口臭も予防してくれますよ。
 
≪ホトケノザ≫
民間療法の生薬としてよく用いられていて、風邪の症状を緩和してくれ健胃効果もあります。


 
スポンサードリンク


七草粥の作り方!

 
由来も分かったところで、七草粥を作ってみましょう!
・・今までは超適当に作っていましたが(^^;

ryouri

1:研いだお米を合数に合わせた分量の水と鍋に入れて、
  1時間ほど置く。(七分粥なら1合に対して水1400cc)

2:七草はきれいに洗って細かく刻んでおく。

3:1時間ほどおいたお米を、蓋をせずに強火で沸騰させます。

4:沸騰したら軽くかき混ぜ、刻んだ七草を入れます。

5:蓋をして弱火で40分~60分コトコト煮ます。

6:最後に塩で味を整えます。


 
七草のシャキシャキ感を好む方は、
10秒ほど湯通しした七草を最後の 6 の時に加え混ぜましょう。

お粥は炊飯器でも作れるの?

 
今の炊飯器は便利です!
どんだけ機能がついてるんですか!メカ音痴の私はオロオロですよ。

ですからもちろん炊飯器でも七草粥は作れます。
むしろ炊飯器の方が簡単です^^


1:七草をあらって細かく刻みます。

2:研いだお米を釜に入れて、合数のお粥の線まで水を入れます。

3:七草と塩少々を入れて、お粥モードでスイッチON。

 
シャキシャキ感が好みの方 3 の時に七草を入れずに炊いて、炊き上がってから10秒程湯通しした七草を入れて5分程蒸らしましょう~

最後に・・

 
今の時代、本当に便利ですよね。

1月7日が近づいてくると、大体どのスーパーでも七草パックが売ってあるのですから。
新米主婦の時、世間知らずの私にはありがたい商品でした。

七草をひとつひとつ揃えるよりも ずーと経済的ですし^^

以前、七草をひとつひとつ集めているという友人の話しに衝撃を受けた経験があります(^^;
そんな主婦さんもいらっしゃるんですね。

今は炊飯器でも美味しいお粥ができます。

作ったことがなかったあなたも、これからは家族の疲れた胃を愛情込めた七草粥で七草の由来でも語りながら、癒してあげてくださいね!

Return Top