40代女のわくわくライフ

Read Article

めまいが原因不明なのはなぜ?個人差があるその原因・・

やりたいことは沢山あるのに、急なめまいや立ちくらみに襲われて、結局何もできない…。

急にやってくるめまいは本当に悩みのタネですよね。

 
めまいが起こると、まわりの人を気にしている余裕もなくなり、ひたすら治まるまで横になるしかない、「大丈夫?」なんて声をかけられても返事をする余裕すらない時だってありますよね。

そんなめまいも原因が分かれば対処のしようがありますが、原因不明と言われてしまうことも、実は結構多いんです。


今回はそんな厄介な原因不明のめまいについて調べてみました。

 
スポンサードリンク

めまい症なのに原因不明なのは何故


頻繁に襲ってくるめまいに困り果てて、病院で診察を受けたけれど、特に異常は見つからず「ストレスですね」で片付けられてしまうことって意外に多いんです。

めまいの原因不明とは
めまいで困っている方としては、めまいの原因が知りたいのに、ストレスで片付けられてしまうなんて、なんとなくモヤモヤと納得がいきませんよね。


ところが、めまいとは、目に見えて症状が出る訳ではなく、めまいに襲われている当の本人しか辛さが分からないという、なんとももどかしい症状なのです。

 
では、なぜ原因不明のめまいが襲ってくるのでしょうか?
実は、めまいは人間の精神的な内面の部分とも、密接に関係しているからなのです。

心の疲れがめまいの原因になることも


病院に行っても原因不明と言われてしまう原因の1つが、心労などにより引き起こされるめまいです。

一言でストレスと片付けられてしまう場合がありますが、実はこのspan class=”bd-green”>ストレスは、私たちの自律神経を乱れさせたり、ホルモンバランスを崩したり、体の症状と密接に関係しているのです。

 
普段は当たり前になっている日々の出来事、例えば、仕事に行きたくない、残業が多くて忙しい、家事や育児が忙しい、毎日満員電車を使っている…などなど、こんな何気ないことも、めまいを引き起こす原因となる立派なストレスです。

めまいの種類と特徴


めまいの中にもいくつかの種類があり、原因のはっきりしているものとそうでないものがあります。

ここでは、めまいの症状別に種類と特徴を紹介していきます。

  • ぐるぐる回る、回転性のめまい
  • 体がふわふわする浮動性のめまい
  • 体が揺れている感じがする動揺性のめまい
  • 立ちくらみ

では、それぞれの目まいを詳しく見てみましょう。


ぐるぐる回る、回転性のめまい

椅子に座っているときや、動かずに立っているだけでも、自分自身がくるくると回っている感じがしたり、自分の周囲がぐるぐると回っている感じがする。

ひどい場合には、横になって寝ても、そういった症状がでて、バランス感覚が保てなくなることがあります。

このようなめまいの場合は、耳の「平衡器官」という、人がバランスを保つための器官の異常である可能性が高いです。

平衡器官の中にはリンパ液があり、そのリンパ液が正しく平衡器官の中にあることで、人はバランスよく平衡感覚を保てるのですが、内耳炎、中耳炎、外耳炎などの耳の中に起こる炎症や、メニエール病などが、リンパ液の異常を引き起こすと、回転性めまいを引き起こす可能性があります。

体がふわふわする浮動性のめまい


体がふわふわと感じて、ふらつき、真っすぐ立っていられない、ひどく酔っているような感じになるのがこの浮動性のめまいです。

このめまいの原因は、最初に述べた「ストレス」によるものが多く、心労が溜まって、自律神経を乱れさせることによって起こるめまいです。

自律神経とめまいの関係性に付いては、後ほどゆっくりと説明していきますね。

体が揺れている感じがする動揺性のめまい


頭や体がクラクラと揺れている感じがして、まっすぐに歩けない場合は、この動揺性のめまいです。

これは、脳に原因がある可能性のあるめまいで、小脳に脳梗塞などの血管のつまりや脳出血がおこると、激しい頭痛やクラクラと揺れるようなめまい、真っすぐに立てないなどの症状が出てきます。

もしも、一緒に手足が思うように動かせないなどの症状があれば、非常に危険な状態ですので、速やかに脳外科に行きましょう。

立ちくらみ

座った状態から、立ち上がったりした場合に、目の前が真っ暗になりクラクラする、ひどい時には立っていられずに失神してしまうなどの症状は、立ちくらみの可能性が高いです。

これは血圧の低い方や貧血持ちの方などに起こりやすい症状です。

 
スポンサードリンク

めまいの原因になる病気

先ほども症状別で書いていったように、決して全てのめまいが原因不明なわけではなく、めまいの原因になる病気も存在します。

めまい治療
 
・耳の中の平衡器官に異常を起こしやすい、中耳炎、外耳炎、メニエール病などの内耳の障害によって起こるめまい

・脳卒中・脳梗塞・脳腫瘍などの、脳の異常が原因となって起こるめまい。
また、脳梗塞の後遺症として起こるめまいもある

・動脈硬化で血管の壁が硬くなって、血管壁の中にある血圧を調整する機能が乱れると、血圧の変動幅が大きくなってしまうことで起きるめまい。低血圧、貧血持ちの方は注意が必要。

・更年期障害などにより、ホルモンバランスが大きく崩れることによって、自律神経が乱れて起こるめまい


病気以外のめまいの原因と症状


では、病気以外のめまいの原因にはどのようなものがあるのでしょうか?
主に原因不明と言われてしまうめまいの症状には以下の3つの原因が多いようです。


自律神経の乱れ


自律神経という言葉は良く耳にしますよね。
この自律神経とは、私たちの体のリラックスと緊張のバランスを司っている神経です。

例えば何かを人前で発表するときなどに、緊張しすぎて、お腹が痛くなった経験はありませんか?
逆に、すごく緊張している時って、お腹がすいてグーグーなったりしませんよね?

 
それでは逆の状態はどうでしょう?

例えばお風呂に入って、リラックスしている時に、手に汗を握りながら全身が硬直したりはしませんよね。
これは自律神経の影響によるものです。

 
自律神経の乱れとは、このような、バランスが上手くとれていない状態を言います。

人が緊張している時には、全身の筋肉が収縮して硬くなったり、血管までも縮んだりして、興奮状態になり、体が戦闘態勢になります。


逆にリラックスしているときは、筋肉が緩んで、血管が広がって、眠たくなったり、お腹がすいたりします。

しかし、自律神経が乱れてしまうとこのバランスがとれなくなって、リンパ液や血液の流れが悪くなり、めまいや頭痛などを引き起こします。

 
自律神経の乱れは、日々のちょっとしたストレスなどが原因で起こることも多いため、病院に行っても「ストレスです」などと言われてしまう場合があるのです。

 
スポンサードリンク

首に問題があり血流が悪くなっている


いる時間が長い方でめまいのひどい方は、首に問題がある場合も多いです。

首には、さまざまなリンパ節が通っており、老廃物を流したり、血流を良くしたりする役割を担っています。

しかし、長時間のパソコンやスマホの使用により、首の骨が変形してしまうストレートネックをはじめ、ヘルニアなどで問題を抱えてしまうと、血流が悪くなり、めまいや首のこり、頭痛などを引き起こしてしまいます。


その他のリンパ液に関連した内臓の問題


上記の首の問題の部分でも触れましたが、めまいには、リンパ節、そして、リンパ液が大きく関係しています

その中でも、リンパ液を作ったり、貯めたりする役割のある臓器が脾臓や肝臓です。

 
暴飲暴食や生活環境の乱れなどで脾臓や肝臓が疲れてしまうと、リンパ液の流れが悪くなってしまうため、めまいが起きやすくなるのです。

さいごに・・


ある日突然やってくるめまいは、非常に厄介ではありますが、症状によっては前もって対策をしておくと、予防できるものも、ありますます。

 
めまいを予防するには、ストレスの少ない規則正しい生活が一番重要です。
自分のめまいの原因をしっかり把握して、突然起こるめまいを未然に防ぎましょう。

 
私の場合は、寝不足がとても影響します。
眠れないと不安な気持ちも増幅してストレスで益々眠れないという悪循環に陥ってしまうのです。

なので、自分に合ったリラックス方法(音楽やアロマなどなど)を見つけておくのも不安感を減らすことに役立ちますよ^^


めまい症めまいを治したい!関連まとめ記事
誰でも経験のある「めまい」の原因は、三半規管や脳、血圧、ストレス・・と様々です。
目まいの原因や治療法についての記事などをまとめました。

何かのヒントになれば嬉しいです^^

Return Top