Read Article

LDLコレステロール(悪玉)は低いのも問題なのはどうして?!

健康診断の結果を受け取ると、女性なら真っ先に見るのは体重ではないでしょうか?
痩せた・太ったなどが一目でわかるので目を背けたくもなりますがね”(-“”-)”


それからゆっくりと尿検査や血液検査をゆっくりと見るのですが・・正直よくわかっていないので正常範囲の上限の数値を超えているか、超えていないかだけを気にしていました。

特に、もう中年のおばさんとなっている私は血圧とLDLコレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)が気になりますね。今回は血圧がちょっぴり高めでしたが、LDLコレステロールはOK!でした。


しかし一緒に健康診断を受けた友人はLDLコレステロールの再検査通知が入っていたそうで、「数値が高かったの?」と聞いてみると「ううん、反対。低いって・・」との返事。

びっくりしました!LDLコレステロールが低いとダメなの?悪玉と言われるぐらいだから、低ければ低い程いいと思っていたのですが。


これは早速調べてみなくてはいけませんね!

 
スポンサードリンク

LDLコレステロールが低いのは問題?その理由とは


まず、LDLコレステロールの正常基準範囲を見てみましょう^^

今までは病院によってバラバラだったLDLコレステロール正常基準範囲が、2014年に全国で統一され発表されました。

男性
全年齢共通     72~178㎎/dl

女性
30~44歳      61~152㎎/dl
45~64歳      73~183㎎/dl
65~80歳      84~190㎎/dl


LDLコレステロールが低いと問題なのか?


はい!問題ですね。

正常基準範囲に最低数値が設定されているという事は、それだけのLDLコレステロールが必要なのです。悪玉と言われてはいますが、実はLDLコレステロールは体の中で重要な役割をしているからです。

肝臓へ吸収されたコレステロールを、血液に乗せて体の必要な部位に運ぶのがLDLコレステロールです。


高すぎると運びきれなくなり、血管の壁に付着して動脈硬化などの悪さをするので悪玉と言われているのですが、逆に低いと運ぶものがないという状態になりますよね。

運ぶものがないという事は、体が必要としている部位にコレステロールが届かないという事です。ですからLDLコレステロールが低いと問題なのです。

その理由を見てみると・・

脂質の消化吸収力が低くなる


コレステロールは肝臓で作られ胆汁酸の材料としても必要で、胆汁酸は脂質の消化吸収に重要な役割を果たしています。LDLコレステロールが低い→肝臓にコレステロールが届かない→胆汁酸が作れない→脂質の消化吸収力が低くなるという事なのです。


ホルモンが生成できなくなる


コレステロールは男性ホルモン・女性ホルモン・副腎皮質ホルモンの材料にもなっています。ホルモンが生成できなくなると、ホルモンを必要とする臓器の機能が低下(女性なら生理が止まってしまったり)する事になるのです。


免疫力が低くなる


そもそもコレステロールというのは細胞膜を構成する成分のひとつです。人間の体は小さな細胞が集合して作られていますよね。その細胞を守る細胞膜が、コレステロールが低い為に脆弱になってしまうとどうなるか?そう、ウィルスが容易く侵入してきてしまいますね。結果、免疫力が低くなってしまうのです。


どんな人にLDLコレステロールが低い傾向があるのでしょう?

・食が細く、食事量が少ない人
・消費カロリーが摂取カロリーを上回っている人
・ベジタリアン趣向の人
・習慣的にダイエットを続けている人
・LDLコレステロールが低くなる病気の人

 
スポンサードリンク


病気との関係


肝硬変
コレステロールが作られる肝臓が肝硬変になると、肝臓が正常に機能しない為にコレステロールが作られにくくなります。

甲状腺機能亢進症
甲状腺ホルモンが過剰に分泌され、新陳代謝が異常に高まる病気です。活発過ぎる新陳代謝は脂質代謝も促進されるためLDLコレステロールが低くなってしまいます。

末期がんなど
末期がんなどになると病巣に栄養を取られるので、脂質の一種であるコレステロールもがんに奪われていきます。その為にLDLコレステロールの数値も低くなるのです。

その他
遺伝疾患などでLDLコレステロールが低くなる可能性もあります。 


改善方法


  • コレステロールが高い食品を食べる!

やはり、いちばんに考えられるのはコレですね。主な食品を紹介します!

卵黄         1400mg/100g
・するめ         980mg/100g
・たたみいわし      710mg/100g
・フォアグラ       650mg/100g
・煮干し         550mg/100g
・うなぎの肝       430mg/100g
・鶏レバー        370mg/100g  

などです。


  • 摂取カロリーを増やす!

女性なら避けたい方法でしょうが、LDLコレステロールが低い人はとにかく栄養を補給しなければいけません。

しかしカロリーの高い食べ物だからとスナック菓子などではなく、栄養価の高いものを食べなければ意味がありません。

肉類・魚類・乳製品などはカロリー、栄養価も高いのでオススメです。


ここで注意!!


高コレステロール・高カロリーの食べ物をオススメしてはいますが、そればかりを食べるのはNGです!

LDLコレステロールが増えすぎてしまうかもしれませんし、偏った食事は返って健康を害する恐れがあります。あくまでもバランスの取れた食事をする事が大事ですよ♪


意外と怖かったLDLコレステロールの低さ・・


LDLコレステロールの数値がそこまで低くない人は、上記の改善方法で安定してくるでしょう。実際に友人も3か月後の再検査の時には正常範囲内で安定していました♪

しかし、なかなか改善しない人や以上に数値が低い人は病院で受診する事をオススメします。コレステロールが低いと起こる影響は、急激にではなくジワジワと体を蝕むかもしれません。

自分の大事な体です、しっかりと守ってあげましょうね♪

Return Top