Read Article

更年期障害の治療法について!料金・何科がいいのか?気になる点など

どうも敷居が高い・・そんな場所が婦人科。

更年期障害かも?と思った場合、どんな治療法があるのか?
クリニックではどのくらいの料金がかかるのか?
気になるところです。

 
スポンサードリンク

最近は更年期外来を設けた病院も増えているようですが、
私の住んで居る田舎では、昔からの産婦人科で、、

診察を受けるなら、女医さんのいる婦人科があれば相談も不安なく出来そうでいいのですが。

 

更年期障害の主な症状とは

hana

そもそも、更年期障害の症状とは?

女性の場合、閉経にむけて女性ホルモンを分泌している卵巣機能が
40歳前後から低下していきます。

 
日本人女性の平均閉経年齢は50歳〜51歳といわれ、
その前後のホルモン減少期、45歳〜55歳を更年期と呼び、
その更年期に起こる肉体的・精神的な不調(不定愁訴)の事を更年期障害といいます。

 
本人の体質や性格によって異なり、様々な不調が生じます。

女性ホルモンが減少するため、月経不順や頭痛・めまいなど体に症状が現れる人もいれば、女性ホルモンをコントロールする脳が自律神経や感情と結びついているため、精神的不安定な症状が現れる人もいます。

 
のぼせ・ほてり・発汗
ホットフラッシュといわれる更年期ナンバー1の症状です。

自律神経のコントロールが上手くいかず、熱が首から上に集まるのが特徴です。
顔が熱くなる、のぼせる。寝汗を大量にかき、不快感から不眠気味になる。
イライラしやすい人に多い不調です。

 
疲れやすい・だるい
日中気力がなく、ダラダラ、ゴロゴロする。人に会いたくなくなる。やる気が出なくなる。生活リズムが崩れ、夜眠れなくなる。
うつ気味、落ち込みやすい人に多い不調です。

 
頭痛
血のめぐりが悪くなり、頭痛が起こります。
突然のズキズキする頭痛、鈍い頭痛が長く続く頭痛など様々です。

 
冷え
熱が上半身にこもり、手足が冷えきってしまいます。
体温が低下し基礎代謝が落ち、太りやすくなります。

 
めまい・耳鳴り
めまいと共に立ちくらみ、頭痛や吐き気を起こす人もいます。
耳鳴りは、トンネルを通った時のような耳の詰まった感じや、耳
周辺の血管や筋肉のかすかな音が聞こえるという様々な症状があります。

 
肩こり
血流が悪くなり筋肉が固まってしまうことから、肩こりを感じる人が多いようです。しかし、この肩こりは更年期障害の治療に効果的といわれるホルモン療法ではあまり改善されないようです。

 
動悸
自律神経の乱れから、運動をしていないのに息苦しくなったり、夜寝ていたら突然胸がドキドキしたりします。更年期の症状ではなく、心臓に関わる病気の場合もあるので注意が必要です。

 
不眠
眠りが浅く、朝早く起きてしまう、なかなか寝付けず眠りの質が悪くて朝起きるのが辛いなどの症状があります。健康の基本である睡眠が妨げられると風邪を引きやすくなってしまいます。

 
スポンサードリンク

何科に行くべきか、どんな治療法があるか

 
更年期障害の症状で、ほてり・のぼせ・生理不順など体の不調を伴う時は婦人科。心の不調・うつなど精神的な苦痛を伴う時やホルモン治療の効果が出なかった人は精神科の受診がおすすめです。

病院選び
婦人科での治療
婦人科ではホルモン補充療法や漢方療法など薬を使用し、生活習慣を見直すという治療が中心になります。

問診で明らかになった症状に合わせて血液検査を行い、ホルモン値の測定・貧血を検査します。また、更年期の症状に似た病気の疑いもあるので甲状腺機能の検査も同時に調べます。
 
 
料金の目安

ホルモン補充療法・・月3000円程度から(3割負担の場合)
1〜2週間で効果が見られるが、5年くらいの継続を見込んだほうがよい。

漢方療法・・月3000円程度から(3割負担の場合)効果が出るのに1、2ヶ月はかかる。

 
精神科での治療
精神科では医師または臨床心理士と対話しながらの精神療法を行いながら、
抗うつ薬や睡眠薬などを使用する薬物療法を行います。
 
料金の目安
薬の処方は2〜3000程度。カウンセリングに30分5000円程度の費用がかかる場合がある。

更年期
自分で治す、セルフケア
更年期は誰もが通る道です。病院での治療も助けになりますが、40歳を過ぎたら、更年期を迎えるための準備をしてセルフケアを身につける事をおすすめします。


生活習慣を見直し、適度な運動をして穏やかな気持ちを作るセロトニンを体の中に増やす事が大切です。食べ物やサプリメントにも老化を防ぎ、セロトニンの働きを助ける物があります。

 
ホルモン治療HRTの安全性、副作用とは
 
欧米で人気の治療法ですが、アメリカのWHIの報告によると、ホルモン補充療法はガンのリスクが高まるというデーターがあります。しかし、定期検診を受けていれば問題のない程度であるといわれています。

 
副作用としては、不正出血がよく挙げられます。
その他、頭痛や吐き気、胃の不快感、下腹部の痛み、乳房の張りや痛みを感じる人もいます。


男性の更年期障害とは
 
女性だけでなく男性にも更年期障害はあります。男性ホルモンの低下に伴い、テストステロンが減り、筋力の衰え・性欲の減少・ほてりや発汗・抑うつなどの様々な症状が現れます。

男性の場合は内科や泌尿器科を受診し、
ホルモン補充療法、漢方療法、抗うつ薬などを使用した治療が行われます。

さいごに・・

 
更年期の期間は個人差があるものの、治療にかかる期間も長い人だと年単位なんですね。
そうなると治療費もかかるでしょうし、精神的負担も続きますね。

更年期障害の治療は長期戦だと、最初からゆったりとした気持ちで取り組む方がよいと感じました。これから訪れる体調の変化を恐れることなく迎えたいと思います^^

 
◆ 更年期障害についてのこちらの記事も参考に
更年期障害とうつの関係は?
更年期障害と自律神経失調症の違いって何?
更年期ダイエットはサプリで効果的に!選び方のコツって?

Return Top