Read Article

口内炎を速攻で治す方法!くり返さないために気を付けるべきこと

口の中に突然の違和感・・
食べ物が沁みて痛ーーい! 

口内炎って地味に痛みが続きます。。。
しかも、治ったと思ったら、また繰り返し出来てる(´△`;)

これってビタミン不足ってホント? 癖になるってホント?
口内炎を即効で治す方法を調べてみました。

 
スポンサードリンク

口内炎の原因とは?

 
口内炎とは、口の中の粘膜に起こる炎症のことで、頬の内側や歯茎などにできることが多いです。

何かの拍子に口の中の肉を噛んじゃったのかしら・・そう思ったいたのですが、粘膜の炎症ですね。

kounaien
アフタ性口内炎、ウイルス性口内炎、カタル性口内炎という3つの口内炎が中心として考えられ、原因によって口内炎の名称が異なります。

◆ アフタ性口内炎

最も一般的な口内炎です。
過労やストレスによる免疫力の低下、風邪、睡眠不足やビタミンB2が不足することで炎症が起こります。円形の白っぽい腫瘍が、頬や唇の内側、歯茎や舌にでき、2週間前後で自然に治ります。

 
◆ ウイルス性口内炎

ヘルペスウイルス、コクサッキーウイルスの感染や、カンジダ菌の増殖が原因で起こります。口の粘膜に小さな水泡ができ、赤くただれてびらんを生じます。

カンジダ性口内炎の場合は、白いコケ状の斑点ができます。
発熱や強い痛みを伴うこともあります。

 
◆ カタル性口内炎

虫歯や入れ歯、口を噛んで傷つけてしまい、口の中の傷に細菌が繁殖してしまった場合や、火傷や薬品の刺激により起こります。口の粘膜に水泡ができ、赤く腫れ上がり、痛み続けます。

 
◆ アレルギー性口内炎

金属や食べ物、薬によってアレルギー反応を起こした時にできる口内炎です。

 
◆ ニコチン性口内炎

喫煙による熱でできる口内炎です。
口内炎が、がんに変化する恐れがあるので注意が必要です。

 
スポンサードリンク

口内炎を速攻で治す方法!

 
痛いのはヤダ! 少しでも早く口内炎を治したい!!
食事もままならない状態なんて辛いです。。

 
口内炎ができるしくみは、様々な原因が刺激となり、プラスミンというタンパク質分解酵素が発生します。プラスミンが増えると、ヒスタミンやブラジキニンという炎症や痛みの物質が発生して血管を刺激します。


これらの炎症が続くことにより、口の中の粘膜がただれて、えぐられて口内炎になります。

 
最初小さな傷の炎症から始まり、徐々に痛みと共に炎症が円状に大きくなってきます。
10日〜2週間くらいで自然に治ってきますが、口内炎を早く治したい場合、最初の小さな傷の段階で対処することが重要になります。

 
一番簡単にできる対処法は、うがいで、1日のうがいをいつもより多めに行うことで、口の中の細菌の繁殖を防ぐことができます。

ugai
市販のうがい薬を使用する場合は、殺菌効果のあるものを使用し、アルコールや合成界面活性剤が入っているものは控えましょう。


うがいで細菌を洗い流した後に、塗り薬や張り薬を使うと、口内炎の痛みから早く逃れることができます。病院やドラックストアで購入することができますよ~。



◆ ケナログ・・・口内炎の痛みを和らげます。 

◆ 口内炎パッチ・・・痛みを和らげると共に薬で傷を治療します。

◆ レーザー・・・炭酸ガスレーザーや赤外線によるレーザー治療で口内炎を焼き、数日で完治します。

 
私が一番効果的だったのは、塗り薬のケナログですね。
でも、このケナログは塗り方にコツがあって、口内炎の部分をしっかり覆わないとダメです。

 
塗る前には、しっかりとうがいをして口の中を清潔にして、患部の水分をティッシュで拭いてケナログがちゃんと付くようにする必要があります。

そして、ケナログを塗った後はすぐに食事をしたらいけませんよ~。
せっかくのお薬が流れてしまいますので、30分間はガマンしましょう。

口内炎の予防はどうすればいいの?


 
口内炎を予防するには、ストレスや疲れをためないように睡眠を十分にとり、生活習慣を整えます

医師
食生活では、ビタミンを意識して摂取し、バランスの良い食生活を送ることが重要ですビタミンの中でも、特にビタミンB2に口内炎を予防する効果があります。


ビタミンB2は、卵や納豆、牛乳、チーズやヨーグルト、鯖やのり、うなぎやレバーなどに多く含まれています。また、ビタミンB2と一緒にビタミンCとビタミンB6を摂取するといいでしょう。

さいごに・・

 
口内炎は、風邪を引いたり、体調を崩した時にできるので、健康のバロメーターともいえますね。口内炎ができたら、いつもの生活習慣を見直す必要があるのかも知れません。

知らず知らずのうちに、疲れやストレスを溜めこんでしまっていることもありますね。

口内炎は1度できてしまうと治りにくく、食事をする時や話をする時に、しみたり痛んだりと、不快な日々が続いてしまいます。

口内炎になる前に、生活習慣を見直して、口内炎を作らない生活を送りましょう~。

Return Top