Read Article

九重親方がすい臓がんの手術をしていた!早期発見でよかった

父が大相撲が好きで場所中はいつも一緒にNHKの相撲中継を見ています。

5月に還暦の土俵入りの姿がニュースで流れて、
ウルフこと九重親方は60歳になってもやっぱりカッコイイ!と思っていたのですが・・

夏の名古屋場所で内臓疾患で審判を全期間お休みになり心配していましたが、それが すい臓がんだったなんて・・
 
スポンサードリンク

九重親方は膵臓がんの手術が成功!

 
すい臓がんは、早期発見がとても難しいガンで発見された時には「末期」のステージだと宣告される人が多く。その時にはもう手術ができないのが一般的です。

 
でも、九重親方(私の中では、千代の富士ですけど)は、早期発見で手術ができたそう!
そして、秋場所に審判委員として戻ってきたので、とても嬉しくなりました。


九重親方の病気
すい臓がんで母を亡くした私は、
すい臓がんと闘っている人を見るとどうしても母とダブってしまいます。

 
母はがんが発見された時には、すでにステージ4で、手術どころか放射線治療も出来ず、抗がん剤治療も今となっては気休め程度の効果だったのでは・・という感じ。

 
なので、九重親方の手術成功はすごく嬉しいニュースでした。
病気で体重が13キロも痩せたというのが、とても気になる点ですが、元気になって膵臓がんの患者さんに希望を与えて欲しいな^^

気になる大相撲ファンの漫画家さん

 
最近、女性大相撲ファンが増えているそう。
相撲女子』というのですね^^


そのせいか、NHKの相撲のコーナーに女性の解説者が登場したりと女性にも興味を引きやすいポイントをあれこれと紹介してくれて楽しいです。

 
まだ活躍していない、新人力士の発掘など、いろんな角度から面白い切り口で紹介してくれる女性漫画家の能町みね子さん。この人のお相撲話しが面白いんです!

 
今場所のイチオシ力士は、伊勢ヶ濱部屋の照ノ富士と話していました。
背の低い付き人さんとの絆など、テレビ中継では見えない魅力的な部分のお話しなども。

 
・・と、能町みね子さんの事を調べていたら、今の今まで女性だと思っていましたが・・
以前は戸籍的には男性だったのですね。

「オカマだけどOLやっています」というブログをスタートさせそれがマンガにもなったようです。漫画家さんは頭のいい方が多いですが、能町みね子さんも東大卒・・すごい。
大相撲の魅力をいろんな切り口での紹介が楽しみです。

Return Top