Read Article

子どもの発熱の対処!熱が続いたらどうする?

子どもって驚くほど急に発熱しませんか?さっきまであんなに騒いでいたのに、おとなしいなぁと思ったらグッタリしていて・・慌てますよね。

しかも夜や休日に限って発熱・・溜息まで出そうです。
そんなアクシデントに備えて、子どもが発熱したときの対処法を知っておきましょう。
 
スポンサードリンク

子どもの急な発熱時の対処法 病院編

 
熱が38℃以上! 病院へ行ったほうがいい?

子どもの発熱の対処法
・生後0~1ヶ月・・・食欲もあって元気そうでもすぐに受診!

・生後2~3ヶ月・・・食欲・機嫌もOKなら、慌てなくてもいいが24時間以内に受診。

・生後4~5ヶ月・・・食欲・機嫌がまあまあなら、翌日の受診でもいいでしょう。

・生後6ヶ月以降・・食欲や機嫌にさほど問題がなければ、様子をみて翌日以降の受診でもいいでしょう。

ここで重要ポイント!

誰もが、子どもの発熱に気付いたら体温計で熱をはかりますよね?熱の高さにアタフタしたり、思ったより低かったと安心したりすると思いますが、

それよりも大切なことがあります!それは機嫌と食欲(特に水分)なのです!  

 
39℃あっても、機嫌がよく食欲もあるなら緊急性は少ないでしょう。
ですが38℃前後でも、機嫌がすごく悪く水分すら摂れないのなら、すぐに受診が必要なのです。

 
しんどそうにしている子どもを見ているのは、親として辛いですよね。
ですが親だからこそ、いつもと何がどう違うのかをしっかり観察してください。
 
スポンサードリンク


子どもの急な発熱時の対処法 家庭編


■ 服装

熱が出始めの時は大人でもゾクゾク寒気がしますが、子どもも同じです。
少し厚着をさせて布団をかけてあげましょう。

 
熱が高くなると今度は汗をかいて暑がります。
その時は薄着にして、タオルケットをかけてあげるといいでしょう。
子どもの状況に合わせてあげてください。

 
■ 熱冷ましグッズ

アイスノンや氷枕など、ドラッグストアに行けばいろいろありますが、たいていの子どもは嫌がります。無理に使わなくても、大丈夫ですよ。

使ったからといって、急激に熱が下がるというわけではないですから。
でも、気持ちよさそうで気に入っているようであれば、そのまま使ってあげてください。

 
■ 水分補給

これは大事です!熱があるというだけで体の水分は奪われていくので、おしっこの回数・量は要チェックです。

少しずつでもこまめに水分を摂らせてあげましょう。

 
■ お風呂

月齢の低い赤ちゃんだと、発熱した時点で重大な病気の疑いもあるので、お風呂どころの話ではないのですが・・・生後半年以上なら、発熱中でもお風呂は基本的にOKです。

 
嘔吐しているようであれば様子を見たほうがいいですね。
お風呂は体力を消耗するからダメだと思われがちですが、肌も清潔になりますし体力を少し消耗してグッスリ眠るほうが逆に体力回復につながりますよ。

もちろん長湯・湯冷めはNGです。

 
■ 室温

エアコンなどを上手に使って、快適な環境にしてあげましょう。

 
■ 解熱薬

熱が高いと、今すぐにでも下げてあげたいですよね。
でも待って!
そもそも熱が出るというのは体がウィルスなどと闘っているからなので、むやみやたらと解熱薬を使うと自分で直そうとする力の邪魔をすることにもなりかねません。

 
処方箋には「○℃以上から使用」と書いてありますが、子どもの様子をまず見てください。○℃より高いが元気そうなら控えて、○℃より少し低いがグッタリしているなら使用して、と数字に捉われずに状況で判断してください。

心配なら小児科に質問・相談してくださいね。

子どもの発熱

子どもの発熱で考えられる病気は?

 
子どもの熱を伴う病気は意外と多いです。
幼稚園や保育園・小学校などで流行っている病気がないかも把握しておく必要がありますね。

 
かぜ・インフルエンザ・急性気管支炎・プール熱・中耳炎・肺炎・扁桃炎・急性副鼻腔炎・おたふくかぜ・はしか・水ぼうそう・風疹・溶血性レンサ球菌咽頭炎・手足口病・熱中症・食中毒  など

 
こんなにたくさんの原因が周りでウヨウヨしているのです。
そりゃあ熱が出てもおかしくないですよね(汗)そんな時のために子どもの急な発熱時の対処法は覚えておきたいですね。

 
でもいちばんにする対処法は、お父さん・お母さんが落ち着くことです。
そしてやさしい笑顔で「大丈夫だよ」と抱きしめてあげてください。
病気になると不安になりますから、安心させてあげることも大事ですよ。

■ 関連記事
風邪の時ってお風呂に赤ちゃんを入れてもいいの?
風邪でもお風呂に入りたい!髪の毛も洗って大丈夫?!
インフルエンザでもお風呂に入っていいの?今さら聞けない(汗)

Return Top