Read Article

筋肉若返りホルモン、IGF-1って何だ?!たけしの家庭の医学

40代にとって「女性ホルモン」は特に大切。・・な気がします(^^;
更年期を迎える年代としては、ホルモンの減少は心配なところ。

中高年の女性とホルモンについて
ところが、ホルモンのパワーは、女性だけの問題じゃないんです(・・当然と言えば当然ではありますが 汗)

健康番組、たけしの「みんなの家庭の医学」では、ホルモンのパワーを徹底検証!ホルモンの分泌が健康や長寿とものすごーく深い関係があるようなんです。


足腰が丈夫な人は長生きをする・・なんて言いますが、この足腰の「筋肉」もホルモンの影響を大きく受けるんですって!!

その名も筋肉若返りホルモン

 
そこで、100種類もあると言われるホルモンの頑張りをたけしの家庭の医学を参考にしながら、チェックしてみたいと思います^^

なんと、ある食べ物を食べることで、筋肉を効率よく増やせるという情報もあってびっくり。

では、ホルモンの謎に迫って見ましょう^^

 
スポンサードリンク

筋肉若返りホルモンとは?


女性ホルモン、男性ホルモン、副腎皮質ホルモン、甲状腺ホルモン、成長ホルモン・・とホルモンの種類は100種にもなるそうです。


今注目の若返りホルモンとも言われている成長ホルモン。
このホルモンこそが、「筋肉若返りホルモン」なんですね!

 
40代を過ぎるとホルモン量は20代の頃よりもガクンと減り、50代では3分の1になると言われています(泣)ううーーーん、加齢には逆らえないわ・・と凹んでいたら・・

歳を取っても、この若返りの「成長ホルモン」を増やせるというじゃありませんか!


そのポイントが「筋肉」なんです。
筋肉に強い負荷をかけることによって、成長ホルモンの分泌を促すという方法です。

新たにできた筋肉からマイオカインという成長ホルモンがでるんですね。
それこそが、体の代謝アップを促進したり、免疫力を高めたり、なんと脂肪分解促進の働きまであるというから驚きです。


そして、最近では認知症やアルツハイマーの予防にもなると注目されているんですね。
まさに、アンチエイジングの為のホルモンです^^

追記:なんと、たけしの「みんなの家庭の医学」では、マイオカインではなく「IGF-1」が紹介されました!うーーん、新しい情報ですね。

このIGF-1の分泌は、マイオカインと違って鍛えるというものではなく、食事の食べ方で効率よく分泌させる方法があったのです!!


どこの筋肉を鍛えるといいの?

筋肉若返りホルモンとは
この成長ホルモンは、体のどの部分の筋肉でも分泌されるワケではなくて、部位が限定されているという面白面も^^

その部位というのが、下半身です。・・ふくらはぎや太もも、お尻などですね。

 
太ももなど、下半身の筋肉は大きな筋肉なので、スクワットなどの運動を行うことで、下半身全体が鍛えらえる部分でもあります^^


それから、このマイオカインという成長ホルモンは、ちょっと鍛え方のポイントがあって、新しい筋肉からしか分泌しないんですって!(^^; ということは、常に運度をしなくちゃ出ないわけですね。。。

ズボラな私には過酷な感じですけど(笑)

コツは、太ももがプルプルするくらい、ゆ~っくりのスピードでスクワットをする!

これがいいようですよ^^

詳しいポイントなどは、たけしの家庭の医学をチェックしてみたいと思います♪


追記
・・とかきましたが、
たけしの家庭の医学で紹介された筋肉若返りホルモンは、運動をする事で分泌されるマイオカインではなくて、「IGF-1」というホルモンでした。


 
スポンサードリンク

筋肉若返りホルモン分泌量を増やす食べ方!


筋肉若返りホルモン「IGF-1」を分泌させることと同時に、食べ物で若返りホルモンを増やすことは出来ないのでしょうか?

 
それが・・ありましたよ~^^
それは、「血糖値を上げないような食べ方」です!


そして、番組では登場しませんでしたが、分岐鎖(ぶんきさ)アミノ酸(BCAA)もよく知られていますね。ジムなどに通っているマッチョな方々もよくBCAAのサプリメントを摂取していますね。


筋肉を若く保つ為の栄養素をチェック!


タンパク質の中に多くふくまれている「アルギニン」という栄養素が重要とのこと!
これは、

・油揚げ
・たまご
・豆腐
・かつお節
・のり
・ごま

などなど。 毎日のメニューにちょっと付け加えるだけでOKなので嬉しいですね^^

ホルモンの分泌はホントに大切!


更年期を迎える時期の年代にとって、女性ホルモンの影響は身も心にも影響してきます。

そんな時期の私たちにも、ハードな運動をする事なく、食べ方や栄養素を意識して取りこむ事で新たな若返りホルモンがどんどん分泌されるとは、なんだか希望が持てます^^

IGH-1は、血糖値を急激に上げないような工夫をしたり、タンパク質などに含まれる「アルギニン」を含んだ食材をちょいたし料理で食べるということですね。

まずは始めてみる! ここが肝心かも^^

Return Top