40代女のわくわくライフ

Read Article

顔のシミの原因ってなに?シミにもいろんな種類があった

日に日に寒くなってきて冬の足音も聞こえ始めた今日この頃、そういえば夏は海や山、プールにも行ったり楽しかったな〜なんて、夏の楽しい思い出を振り返ったりする事もありますよね。

 
でも、ある日鏡で自分の顔を見てみると、見た事もないようなシミが!!

顔のシミの原因とは
え〜!?なんで!
夏の日焼けの影響が今頃で始めたの!?

とショックを受けているアナタ。
実はシミにも色んな種類があるんですよ。

今日はこの困ったシミについて詳しく調べていこうと思います。

 
スポンサードリンク

顔のシミの原因とは?


顔にシミができる原因は実は1つじゃないんです。しかもハッキリとこれが原因!と断定できるものから複合的に色んな要因が絡み合ってシミが出来る場合などもあります。

今回はそんなシミの原因の一例をご紹介します。

・紫外線
・ストレスや暴飲暴食
・加齢
・炎症


紫外線

シミの原因のおよそ8割がこの紫外線によるものだと言われています。

紫外線がお肌にあたると直接皮膚の細胞を刺激してDNAを傷つけるため、皮膚が細胞を守るためにシミの原因となるメラニン色素を活性化させる事により起こります。

通常は紫外線に当たらなければこのメラニン色素が活性化することはないので新陳代謝により元の色にもどります。

しかし、皮膚細胞のDNAに何かしらの変異が起こると元のメラニン色素を活性化したままの状態になり、シミが発生します。

ストレスや暴飲暴食

紫外線は外からの刺激によりシミが発生しますが、ストレスや暴飲暴食などの内側からの要因でもシミが発生する場合があります。

それは、過剰なストレスや暴飲暴食などは活性酸素を体内に発生させてしまうからです。

紫外線を浴びた時にも活性酸素は体内に発生しますが、それと同じ状況を自分が作り出してしまうこともあるのです。

活性酸素が発生するとメラノサイト刺激ホルモンが分泌され、メラニンが作られシミが発生します。

加齢

歳をとると、シミが出来やすくなるのは良く聞く話ですよね。

これは加齢により新陳代謝が衰えることにより、お肌の生まれ変わりであるターンオーバーの周期が乱れてメラニン色素の生成が優先されて起こります。

炎症

炎症というのはひどい傷のようなものばかりではなく、日焼け・ニキビ・虫さされなどもシミの要因となってきます。

お肌に炎症が発生するとそれを修復するために新しい細胞を作る働きが活性化し、それと一緒にメラニン色素も活性化することにより起こります。

 
スポンサードリンク

シミの種類


シミには色々な種類があり、それぞれに出来る原因も違っていたりします。
ここではよく挙げられているシミ3つについて紹介していきます。


ソバカス
これは遺伝的な影響が大きく、小学生くらいから現れ始めます。
胡麻や米粒くらいの大きさで、色は淡褐色。成長や紫外線の影響で増えたり濃くなることもあります。

 
老人性色素班
30代くらいから出来始める大豆くらいの大きさのシミは大体この老人性色素班が主流。
頬骨やこめかみに出来る事が多いです。

 
肝斑
これは30代〜40代の女性に多くみられるシミで、頬骨から目尻の下に沿って左右対称に出来るのが特徴です。

女性ホルモンのバランスの乱れが原因と言われているので、高齢になってから発生することはありません。

顔のシミを予防する

顔のシミを予防する方法


シミにも色んな種類があることが分かりましたが、全てのシミに共通する予防策はメラニン色素を活性化させない事です。

その為にためには下記のような対策方法があります。

  • 季節に関係なく日焼け止めを塗る
  • しっかり睡眠をとってお肌のターンオーバーを促す
  • ポリフェノールを積極的に摂取する

詳しく見てみましょう^^

季節に関係なく日焼け止めを塗る

 
これは紫外線が結果的にメラニン色素を活性化させてしまうためです。

日焼け止め対策の他にも、保湿対策でもお肌を紫外線から守る事が出来ますので、外出する前の日には保湿効果の高い化粧水でのパックなどもおすすめです。

しっかり睡眠をとってお肌のターンオーバーを促す

この方法は簡単ですが意外とあなどれない方法です。

お肌のゴールデンタイムは夜10時〜夜中の2時というのは良く聞く話ですが、この時間にお肌が最も活発に修復されています。

不規則な生活でシミに悩んでいた私も高い化粧品を買わずにこの方法でシミがスッキリキレイに消えてしまいましたので驚きです。

ポリフェノールを積極的に摂取する

ポリフェノールとは植物が持つ生体防御物質の総称で、有名なものに緑茶に含まれるカテキンや大豆に含まれるイソフラボンなどがあります。

そのなかでもコーヒーのポリフェノールであるクロロゲン酸類は、抗酸化作用が高く活性酸素を抑えてくれるので、シミを予防すると言われています。


注意してみていないといつのまにか出来てしまうシミですが、日々の生活の中でちょっとした工夫をしてあげるとシミが出来にくくなります。

シミを作らないためには若々しいお肌を保つ事が肝心ですので、日々のスキンケアでも丁寧にお肌をいたわってあげましょう~♪

Return Top