Read Article

胃腸炎がうつる期間っていつまで?!ウイルスをまき散らさないために

急な激しい痛みと何度も繰り返す下痢や嘔吐・・
吐くだけでも苦しいのに、お腹まで痛くなって、大人でも泣きたい気持ちになりますね。。


つい最近、私もウイルス性の胃腸炎で苦しみました(泣)吐き気はするし、1時間おきにトイレに駆け込むため夜もろくに眠れませんでした。。。まる2日何も食べれず経口補水液を飲んで3日目にやっとおかゆを口にできた・・という状態でした。


そんなツライ急性胃腸炎。

その中でも、ウイルス性の感染性胃腸炎は周りの人へ胃腸炎をうつしてしまう可能性があります。これが、結構な威力を持っていて、本人は回復していても、その感染力はパワーを持っている場合があります。

感染性の胃腸炎は本人だけの問題じゃないところがまたツライとこです。


家族や学校、職場などで感染者を増やさない為にも、いつまでうつるのか?どのくらい休んだ方がいいのか?どんな点に気を付けなければいけないのか?知っておきましょう!


あ!それから、「嘔吐や下痢をしている時にスポーツドリンクは飲まない方がいい」って知っていましたか?! ・・私は、経口補水液もスポーツドリンクも同じ感覚で飲んでいました(--; 飲み方を間違えると、回復が遅れてしまう場合もあるので、気を付けましょう!

 
スポンサードリンク

胃腸炎がうつる期間ってどのくらい?


うつる胃腸炎=感染性胃腸炎で、細菌性胃腸炎とウイルス性胃腸炎があります。


細菌性胃腸炎
・食中毒と呼ばれる胃腸炎(サルモネラ菌、腸炎ビブリオ、病原大腸菌など)
・人から人への感染力は低い
・夏場に多い。

回復までの期間とうつる可能性のある期間
・早い場合で2~3日で回復。
・細菌の種類によっては長引く場合もあり。

うつる可能性のある期間=
食中毒などは同じ食品を食べれば胃腸炎を起こす可能性は高いのですが、通常は人から人への感染は低いと言われています。

問題なのが、集団感染まで引き起こす可能性がある「ウイルス性の胃腸炎」看病をしている家族にもうつってしまい、一家全滅・・なんてことも多々あります(^^;

ウイルス性胃腸炎
・主なウイルスに「ノロウイルス」や「ロタウイルス」あり
・ウイルスに感染した人の便や嘔吐物から広がる。
・感染力が強く人から人へと感染する(ドアノブ等についたウイルスからも感染する)
・冬場に多い。

回復までの期間とうつる可能性のある期間
・通常 回復は早くて2~3日で回復。
・多くの場合1週間くらいでは回復する場合が多い。
・体調は回復しても、ウイルスは便に残っている!(1週間から1ヶ月)

うつる可能性のある期間と出勤のタイミング
・一番うつりやすいのは下痢などの症状が出ている期間。
病院では下痢などの症状が治まってから3日後から出勤OKと言われました。
・職場により、出勤規定などを確認しましょう。
・しかし!うつる可能性はノロウイルスの場合長いと1ヶ月も!
・出勤しても手洗いうがいをしっかりと!


出勤はいつからOKなのか?


私の場合は、嘔吐、下痢の症状が治まって、まる二日休んでから出勤OKと言われました。


おう吐や下痢をしている間は出勤する事は不可能でしょうが、、症状が落ち着いたら、気になるのが仕事のこと・・。忙しい時に休んでしまった事もあって長く休んでいるワケにはいかない、すぐにでも出勤しなければ・・。と、考えてしまいますよね。

私も、お腹の痛みや下痢が治まると、急に仕事の事が心配になり、早く出社しなければ・・なんて考えていました。


でも! 回復したつもりでも、人にうつす力はまだ持っている可能性はあります!そんな状態で出勤をして周りにうつしてしまいもっと迷惑をかけてしまう事になることだってあるのです。

治ったな、、と思っても、症状が治まって2日くらいは様子を見てお休みさせてもらいましょう。あるいは、症状が治まった時点でかかりつけの病院で再度診察をして頂くと安心です。


冬場などは、ノロウイルスの集団感染などのニュースになるくらい、あっという間に感染者を増やしてしまう感染力のあるウイルスも多くあります。

※参考記事:ノロウイルスの出勤停止期間!判断基準はコレ!


インフルエンザの場合には、学校などでは発症から5日間(さらに解熱後2日)は出席停止になり、会社でも同じ様に周りへの感染を注意しますが、ウイルス性胃腸炎の場合には、そこまでの規定はないようです。ですが、周りへの配慮は取るべきですね。

 
スポンサードリンク

ウイルス性胃腸炎はどうやってうつってしまうの?


あっという間に感染してしまうウイルス性胃腸炎は、どうやって発症してしまうのでしょうか? 感染経路についてお話ししますね。


ウイルス性胃腸炎の代表格といえば、ロタウイルスやノロウイルス。両方ともに人から人へと感染します。

患者の便や嘔吐物からの感染というと、「触った覚えはないんだけど」と思ってしまいますが、実は嘔吐物などの処理が完全じゃなかった場合など、床やタオル等に残ったウイルスが乾燥して空気中に舞い散る・・ということもあるんです!


ほんの少しのウイルスで、発症してしまうからホント怖いですよね。。

アルコール除菌スプレーを振りかけても、効果が無いのがまたやっかいなところです。ウイルス性胃腸炎の場合には、嘔吐物や便器、ドアノブなどの除菌には、次亜塩素酸ナトリウムで処理をするのが確実です。


吐いて汚してしまった衣類などは漂白剤で除菌をしなければ、他に広がってしまいます。汚れがひどい場合には処分してしまった方がいいくらいかも知れませんね(>_<)


胃腸炎・・回復までの流れ


これは、私の場合ですが(^^;

【1日目】
・朝から胃がもたれた感じ。少し熱っぽい(37℃)
・午後になると、腹痛が始まり吐き気も。全く食欲なし。⇒ 病院へ。
・ゆるい下痢はありましたが、そんなにひどくもなく。。病院での血液検査の結果⇒ウイルス性胃腸炎のとこと。抗性物質、吐き気止め等をもらう(下痢は止めてはいけないので下痢止めは無し)

・午後になり、下痢が酷くなる、、水分補給をすると10分後には下す。
・熱が、38.3℃

■ 処方されたお薬。
・ホスミシン錠500(抗生物質)
・ナウゼリンOD錠10(吐き気止め)
・ミヤBM錠(腸の働きを助ける薬)
・チキジウム臭化物カプセル10(お腹の痛みを和らげる薬)



【2日目】
・夜中も腹痛と下痢(水便)でなかなか眠れず、トイレに寝たいくらい。。
・食欲無し。経口補水液や水ですごす。
・水分補給をしてもすぐに下すので病院で点滴をしようかと考えたが、だるいし下痢が恐怖なので行けず。
・熱が下がらず、38.0℃

※元気な時にはマズイと思っていた経口補水液が、美味しいと感じる。体が欲するのだろうか、最初はポカリスエットを飲んでいたが、濃い感じがして入っていかない感じがする。。。

【3日目】
・お薬の効果か?下痢の間隔があき、胃の張もおさまり、熱は37℃まで下がる。
・お昼にお粥を御椀に1/4程度食べてみる。⇒ 少し下す(^^;
・食欲が出てきて、夜にも少し食べてみる。⇒ 大丈夫!


【4日目】
・平熱になり、体が楽になる。
・食欲も出て量を増やして通常食を食べる。⇒ ゴロゴロするが下痢はなし。
・寝てばかりいたのでフラフラとした感じはあるものの、意欲もでてきた。


【5日目、6日目】
・頑張れば仕事に行けそうな気もするが、周囲にうつす可能性もあり、目まいもあるので休ませてもらうことにした。(ここがツライところ、、申し訳ないです。。。)

ということで、一週間後から、お仕事復帰となりました。

 
スポンサードリンク

経口補水液とスポーツドリンク


おう吐や下痢をしている場合、食事が出来ず心配になりますが、下痢をしている場合にはあえて絶食をした方がいいと言われました(私の場合です)ですが、水分補給はしなければなりません。

その場合、身近にあるスポーツドリンクでもいいのか?ということなのですが、嘔吐や下痢をしている場合に飲むと分かるのですが、濃くて飲み辛いと感じるのではないでしょうか?

スポーツドリンクは、飲みやすくするために糖分が多く含まれています。この糖分が胃腸が弱っている時には負担になるようです。飲む場合には、お水で薄めたり、水と交互に飲むなど工夫する必要がありますね!


その点、 「オーエスワン」などの経口補水液は、電解質と糖質がバランスよく配合されているのでおススメです。健康時に飲んだ時には「マズイ」と感じたのですが、病気の時にはすんなりと体にしみこむ感じで美味しいと感じました。




ちなみに! 弱っている時には、早く元気になりたいからと栄養ドリンクを飲みたくなってしまいますが、、(私の場合 汗)、栄養ドリンクも糖分が多いため、胃や腸に負担がかかってしまいます。下痢などがある場合には、すこし様子をみたほうがいですね^^


さいごに・・


胃腸炎でぐったりしている時には治すことに専念していますが、ちょっと回復してくると休んでいる仕事の事が頭をよぎったりします(^^; 

・・早く復帰しなくちゃ。。。と焦る気持ちはわかりますが、1日2日早めに出社したところで、完全に回復していない場合には、周囲にウイルスをまき散らしてしまう可能性があったり、無理をしてまた体調を崩しかねません。。。


しっかりと体調を整えて、しっかりパワーが出せる状態でお仕事に臨むほうが、効率もよく周りにとってもありがたいことなのです。

どうぞお大事に!!

Return Top