Read Article

胃下垂の症状と原因は?太らないからと安心してたら危険!

「私、胃下垂だから、どんなに食べても太らないの~」

・・え?( ̄д ̄;)

胃下垂になれば痩せる・・という
間違ったダイエット情報にダマされていませんか?

 
スポンサードリンク

 
実は、私も若い頃は胃下垂でした。
そのためか、どんなに食べても太らず
「ヤセの大食い」なんて言われて喜んでいました。。

 
それが、胃下垂どころか内臓下垂にまでなり、痩せているのに下腹がポッコリ・・
腸や子宮が圧迫されて、便秘や生理痛。


その原因は、胃下垂がきっかけだったのです。
初期にはめだった不調もないので、つい見過ごしになってしまいますが、健康面はもちろん、美容面でも下半身デブの元でもあるのです。

見過ごしてはいけませんよ~。

 
では、胃下垂にはどんな症状や原因があるのか?
チェックしてみましょう~!

 

胃下垂の症状とは?


胃下垂の症状
胃下垂とは、文字通り、胃が正常な位置よりも下まで下がっている状態で、胃の上部は正常な位置にあるが、下部が伸びてしまっています。

 
レントゲン検査で、確認することができ、見た目にも、下腹部が膨らんで見えます。
食事の後に、お腹のどこが膨らんでいるかを見れば判断できます。

 
胃下垂の人は、痩せていても、下腹がポッコリ出ています。
なんと、日本人の約30%の人が胃下垂の疑いがあると言われています。

日本人は、お腹ぽっこりが多いとは・・(汗)

 
先にも書きましたが、
胃下垂は太らない、という情報からダイエット目的で、胃下垂になりたがる人がいますが、胃下垂は食べていても食べ物の栄養が胃で吸収されにくくなってしまうという危険な状態で、同時に栄養失調や肌荒れ、冷え性も引き起こしてしまいます。

こんな病的なやせ方・・イヤですね(≧д≦)
胃下垂は軽度のうちに早く改善した方が良いでしょう。

とはいっても、胃下垂の症状は軽く、自分が胃下垂であることに気づかないという人も多くいます。


症状は、食後の胃の不快感、ゲップ、少食、お腹の張り、吐き気、便の不調などが挙げられます。

胃下垂になると、消化不良から栄養失調になり、胃炎や胃潰瘍を起こしてしまう場合があるので注意しなければなりません。


胃下垂の原因をチェックしてみよう!

 
一般的に知られている原因には意外なものもありました。

・筋肉の低下
・ストレス
・暴飲飽食
・姿勢が悪い人
・腹部の手術経験者
・出産経験者

 
詳しくみてみると・・

 
背が高く、痩せ型の人が多くなりやすいと言われている胃下垂ですが、胃を引き上げ支える筋力が弱っている人、ストレスや食べ過ぎも胃下垂の原因になります。


 
ストレスにより、自律神経が乱れると胃の動きが悪くなり、食べ過ぎると、重さで胃が下がってしまうからです。

 
また、姿勢が悪く猫背の人、骨盤がゆがんでいる人も胃下垂になる可能性があります。
ダイエットで急激に痩せた人や、
腹部の手術、出産を繰り返したことも原因になる場合があります。

 
出産の影響で胃下垂になるのは、骨盤の歪みもありますが、伸びてしまった腹筋が弱くなり、内臓を支える力が不足しているために胃や内臓が下がってしまうのだそう。

 
スポンサードリンク

胃下垂の治療法

 
では、どうすれば胃下垂は治るの?という点。

胃下垂
胃下垂の症状が軽い場合は、治療は必要なく、生活習慣の規則正しくすれば、改善してきます。

症状が重い人は、病院での治療が必要になってきます。

胃の働きが弱くなり、機能が低下した状態を「胃アトニー」といい、胃下垂の人は胃アトニーにもなることが多いので、その時は、必ず病院で治療を受けなければなりません。

 
胃下垂の治療は、胃の機能を高める薬を飲みながら、腹筋などの運動で、筋力増やして改善させていきます。薬は、胃腸機能調整薬や消化酵素剤が処方されます。

 
食事の後のお腹のハリや、重圧感がひどい場合は、1食の食事の量を減らして、食事の回数を増やすようにします。

漢方薬を使った治療もあって、
漢方療法では、「補中益気湯」という、胃腸に聞く漢方を飲んで、体質改善を行います。

 
その他には、ツボ療法もあり、下睆(おへそから指2本分上、押すよりも鍼やお灸で行う方が効果がある)

以前は手術で胃を釣り上げて固定するという治療もあったようですが、最近ではあまり行われていないようです。・・想像しただけでコワイです(汗)痛がりなので。

胃下垂の予防法

 
ポイントは、インナーマッスルを鍛えて、臓器を支える筋力をつけることが大切!

腹筋を鍛える
 
胃を支えるには、下腹の筋肉、お腹周り全体の筋肉をつけなければなりませんので、腹筋や背筋のトレーニング、筋トレが苦手な人は、ウォーキングや体操などを行いましょう~。

 
また、食事の時は、大食い、早食いに注意して、よく噛んで腹八分目を心がけましょう。
よく噛むことで、唾液が消化吸収を助けてくれます。

 
甘いものの食べ過ぎにも注意しなければなりません。

砂糖の糖分は、胃の動きを弱らせてしまいます。
だから、女性に胃下垂が多いのかしら・・( ̄▽ ̄;)ショック。

 
ストレスを溜めないようにすることも大切です。
運動やストレッチで、体も心もリラックスさせましょう。

 
姿勢を正すことも大切ですね、胃下垂の人に多い猫背を直しましょう。
背筋を伸ばし、背筋を鍛えることで、胃を圧迫するのを防ぐことができます。

呼吸が浅いのもよくないようですので、胸を広げて大きく深呼吸しましょう♪
これが、リフレッシュにもなりますね^^

胃下垂は重症化する前に、早めに規則正しい生活と運動を取り入れながら改善するように心がけていきましょう~。

・・まず私は、腹筋を鍛えねばっ!

Return Top