Read Article

冬太り解消法!この時期だから気を付けるポイントとは?

年がら年中「ダイエットしなきゃヤバイ
と言っている私ですが、実行力が伴っていません。

まるで「おはよう」などの挨拶みたいに「ダイエットしなきゃ」と言っているので、もはや誰も関心を示してくれません。

家族に呆れられてしまって違う意味でヤバイです”(-“”-)”

 
そんな私ですが、これから到来する恐怖の冬に向けて重い腰を本気であげたいと思います!!

 
毎年、私を絶望の淵に落とす冬太り。
解消法を知って今年は家族にドヤ顔するぞ!(* ̄0 ̄)/

 
スポンサードリンク

冬太りの解消法はここがポイント!


運動で冬太りを解消
冬太り解消にはどんな方法が有効なのでしょうか?
ポイントはこちら!

体の内側から温めよう

冬は寒いので暖房をつけて、こたつにもぐって・・
なんて生活は脂肪を箱入り娘のように大事に育てているのと同じです。

体を外側から暖めていると、体の内側は何もしないでも暖まるのでエネルギーを使う必要がなく、当然脂肪も燃焼しません。

ですから暖房を切って、こたつから抜け出すことが大事なのです。
冷えた体を暖めるためにエネルギーが必要になり、カロリーを消費して脂肪が燃焼するからです。


運動をしよう

思い切って外に出て、軽くウォーキングなどしてみましょう。

上記の体を暖めるための脂肪燃焼に、
運動した分の脂肪燃焼がプラスされるので大きな効果が得られます。

激しい運動の必要はありません。
10分程度のウォーキングでも、エスカレーターを階段に変えるなどでもいいのです。
少し意識して体を動かしてみましょう。


冬太りを感じたら、すぐ行動しよう

冬太りをするということは、簡単に言うと食べ過ぎでもあるのです。

冬太りを感じながらいつまでも解消法を実践しないと、食べたいという脳からの欲求伝令が徐々に頻繁さを増してきます。

そうなってしまうと抗うのは、よほど強い意志がないと無理になってしまいます。
なんせ食べたいというのは生きる上での本能ですから!

 
スポンサードリンク

そもそもなぜ冬に太るのか?


人間の体は本当に良く出来ていて、
冬は寒さから身を守るために脂肪を溜めやすくなっているのです。

加えて年末年始はクリスマス・忘年会・お正月・新年会など楽しいイベントが目白押し!
もちろん食べた分は脂肪としてしっかり溜めこまれます。

更に加えて寒いから暖かい部屋でゴロゴロして動かない・・
そりゃあ太りますよ( ノД`)

 
ここで覚えて欲しい方程式があります。

≪ 摂取カロリー>消費カロリー=太る ≫


冬太り解消法
友人がご主人に
「人間って息をしたり、ちょっと指先を動かしたり、寝るだけでもカロリーを消費する生き物なんだよ。逆に食べるだけでしかカロリーを摂取出来ないのに何で太るの?」
と言われたそうです。

世の中の女性を敵に回す言葉だなぁと思いつつも、ぐうの音も出ませんでしたね(;^ω^)

先程の方程式を頭に叩き込んで、ほんの少しでも消費カロリーが摂取カロリーを上回るように頑張りますよ!!


冬太りにならない為の予防策など



食べる順番を意識しましょう
外食の機会も増える時期ですから、
せめて食べる順番を意識して血糖値の急上昇を予防しましょう。

① 温かいスープなどを飲む。
② サラダなどの野菜を食べる。
③ メイン料理の魚や肉を食べる
④ 炭水化物であるご飯や麺類を食べる。

しっかりとよく噛みましょう

しっかりとよく噛む事で満腹中枢は刺激され、食べ過ぎを防止する事が出来ます。
また口の中で細かく砕く事によって胃腸への負担も減らす事も出来ますよ。


イベント以外は粗食にしよう

忘年会も会社と友達などのように、各イベントが1回ずつとは限りませんよね。
お付き合いが広い人ほど回数も増えます。

では、せめてイベントがない日は家で和食を中心とした粗食(雑穀米・みそ汁・焼き魚など)にして摂食してみては?


アルコールは控えめにしましょう

食べる順番などを守ろうとしても、多量にアルコールが入ると判断能力も鈍くなります。
場の雰囲気を壊さない程度のアルコールでほどほどに楽しんでください。

冬太りを解消するぞー!


私、今年は暖房を我慢します!こたつは出しません!
暖かい誘惑には本当に弱いのですが、やりますよ!

年明けの仕事場で「あれ?一回り大きくなった?」なんて絶対に言わせません。
家族にもドヤ顔するぞー!(`・ω・´)b

Return Top