Read Article

ひどい生理痛の原因とは?知っておきたい体のこと

初潮が始まって以来、毎月女性特有のわずらわしさがありますよね。
もう何十年と生理付き合っていますが、未だに面倒くさく感じてしまいます。

でも、それは女性にとってとても大切なこと。
とはいっても、ひどい生理痛で日常生活に支障をきたすほどの人もいるのです。
 
スポンサードリンク

ひどい生理痛の人と軽い人がいる生理のしくみとは

 
私はそうでもないのですが、姉は毎月生理痛に苦しんでいました。
姉のようにひどい生理痛で悩んでいる人も多いみたいですね。
そんなひどい生理痛の原因とはなんなのでしょう。

 
生理は妊娠しなかったから毎月出血するもの!なんて単純なものではありません。
本人にまだ自覚がなくても女性の体に病気などの異変がおきると、まず生理に異常がおきて警告してくれます。

ですから普段の生理の周期・期間・出血量・痛みの度合いは記録したほうがいいですよ。

ひどい生理痛
毎月、子宮内では新しい命を育てるためのベッド(内膜)が作られています。
使用されなかったベッドは、新しいベッドを作るために剥がれ落ちていきます。

それが生理です。

剥がれたベッド(内膜)はタンパク質のかたまりなので血液状にして体外に出すのです。
その時にポンプの役割のように子宮が収縮するので、軽い鈍痛や不快な重苦しさが生じます。

これが生理痛ですね。
本来はこの程度の痛みなのです。


 
スポンサードリンク

ひどい生理痛の原因や症状を知ろう!

 
では、なぜそんなにひどい生理痛がおきる人がいるのか?
どんな症状で苦しんでいるのか?

 
初潮を迎えて間もない若い女性の生理痛は、
卵巣機能が未熟だということが原因の多くでしょう。

 
卵巣ホルモンが未発達なので剥がれ落ちた内膜が血液状になりにくく、子宮口もまだ狭いので体外に排出すために子宮が強く収縮する必要があります。
ですから下腹部や腰に強い痛みを感じ、立ち上がれず寝込む人もいます。

強い生理痛
では大人の女性は?
初潮からかなりの年月が経っていますが、
時には会社を休まなければいけないほどの人もいますよね?

 
男性や女性でも症状が軽い人には理解してもらえなくて、精神的にもつらい思いをしていたり(涙)

 
内膜が剥がれる時に子宮内にはプロスタグランジンという物質が生成されるのですが、このプロスタグランジンが痛み・熱・腫れという炎症をおこさせるのです。

冷え・ストレス・過激なダイエット・急激な肥満などいろいろな要因でホルモンバランスが崩れたりすると、プロスタクランジンが過剰生成されます。

これがひどい生理痛の原因となるのです。
症状も個々様々ですが、下腹部痛・腰痛・頭痛・倦怠感・めまい・胃痛などが挙げられます。

 
これらの強烈な痛みが毎月襲ってくるのですから、憂鬱になりますよね。
昔の女性に比べて初潮年齢は早く、閉経年齢は遅くなっています。

 
それだけ生理の回数が増えますよね。
しかも食生活や社会進出など女性を取り巻く環境も変わってきているので、こういったひどい生理痛に苦しむ女性が増えているのです。


生理痛と間違う病気もあるんです!

 
こんなひどい生理痛に苦しんでいても毎月・何十年と続いていると、私はそういう体質なんだと諦めて鎮痛薬で紛らわすだけで済ましていませんか?

 
先程も書いたように、体に何らかの異変があるということなのですよ。
生理痛と同じような痛みを起こす重大な病気もあります。

 
子宮内膜症・・・本来子宮内腔に生育する内膜が違う場所にも生育してしまう病気。

子宮線筋症・・・内膜によく似た組織が子宮内に生育してしまう病気。子宮が大きく固くなっていきます。

子宮筋腫・・・子宮内にできる良性の腫瘍。良性なので、できたからと言って命を脅かすものではないが、大きさや場所によって問題になることがある。

 
自分の体を知って快適な毎日を過ごすためにも、いちど健診を受けてみられるのもいいと思いますよ。経産婦の私でもためらうぐらいなので、特に若い女性には産婦人科病院の敷居は高く感じるかもしれません。

 
ですが、このひどい生理痛の原因を取り除いたり、和らげたりすることができるかもしれませんよ。離れられないなら、上手く生理と付き合っていきましょう!

Return Top