Read Article

左脇腹が突然痛くなった!まさかの肋骨骨折?!

夜中に寝返りを打ったとたんに左脇腹に痛みがピキーーン!
横向きになると左側の脇腹、、肋骨あたりに痛みが。。


これって、悪い病気の始まり???
思わず嫌な感じがして、、眠れずに朝を迎えました。

起き上がると鈍い痛みはあっても、仕事を休むほどの激痛ではないのでそのまま仕事へ。。

飲み過ぎたワケでもないし、帯状疱疹のようなチクチクする痛みもないし、、
インターネットで調べてもすっきりしない感じで、そのまま2日程すごしても痛みは治まらず、観念して近くのクリニックへ行きました。


私の母は、すい臓がんで亡くなっています。

その為に、左側が痛い・・というキーワードとすい臓がんがどうしても結びついてしまうのです(^^; 整形外科や神経科へ行くという発想は全然ありませんでしたのでまず内科へ。

 
スポンサードリンク


左脇腹の痛みは、骨折だった!!


半年前に受けた健康診断では、オールAという優秀なレベルだったので、自分の予測では内臓系のトラブルよりも、ストレスなどの影響がある「肋間神経痛」が濃厚なのでは?と思っていました。


そこで、先生の問診と、触診・・で、左脇腹・・肋骨あたりを「コンコン」と軽~く叩かれたとたん、ずっきーーん!!という痛み(泣)


自分では体をかばっていたので、それほど痛みは感じていなかったのですが、そういえば、クシャミをした時も痛みがありました・・

そして、レントゲンを撮ったらば・・肋骨に1本の筋が入っていました。
肋骨は写りにくい部分もあるのだそうですが、、私の場合はガッツリ折れているというよりも、少しずれた感じでの骨折でした。

「骨折???」

だって、骨折をするようなシチュエーションは痛みが起る直前にもありませんでした。
・・いや、私が感じなかっただけ?? どんだけ鈍感なんだ。。。


加齢による老化で骨折したのかしら・・(しょぼーーん)
ここのところ、風邪をひいていて、確かに咳が酷かったこともあるのだけれど、咳くらいで肋骨って折れるの?? それが正直な感想です。


肋骨は意外と簡単に骨折しやすい


あばら骨・・と呼ばれる肋骨、いがいと骨折しやすい場所なんですね。
しかも、折れたことに気付かない場合もあるっていうくらいの場所です(^^;


交通事故や転倒など、明らかにぶつかったなどの状況があれば、骨折だと疑うでしょうが、何も身に覚えがないのに、痛みがあって、、実は肋骨が折れていた!なんてびっくりです。

骨粗しょう症のお年寄り・・そんな印象でしたが、実際は若い人でも気付かないうちに骨折をしている場合もあるのだそう。


私の場合は、確かに、重いものを持った覚えはあります、、、咳が続いていた事も確かです、、でもコレって感じの瞬間はありません。

そういう場合には「疲労骨折」の可能性もあるようです。
咳など長期に渡って影響され、肋骨にひびが入り骨折する場合も多々あるそう。

体をねじる事で骨折をする場合もあるというのですから、、怖いです(^^;

でも! 肋骨は治りやすいのも特徴的です^^

 
スポンサードリンク


肋骨骨折の治療と経過


肋骨にひびが入ったり骨折をした場合の治療は、、、安静。これが主な治療法のようです(^^;

▼ 処方されたのがコレ

脇腹なので、ギプスなどできないですし、基本はバストバンドによる患部の固定とシップ。
必要な場合には痛み止めのお薬を処方してもらうこともあるようです。

私の場合は、シップ薬だけでOKでした。

重い物を持ったり、深呼吸などをしないように、浅い呼吸で刺激のないように安静にお過ごし下さいね。と注意されました(^^;


私の場合は、軽度の骨折のようで、2週間から3週間で痛みは取れるとのこと。
無理な事をしなければ、事務的なお仕事は普通にできます^^

 
これは、あくまでも単純な骨折の場合ですね。
肋骨は内臓を守っている骨なので、内部の臓器の損傷があった場合などは複雑な治療が必要になってきますし、手術や入院も必要な場合があるでしょう。


左脇腹の痛みの原因にはいろいろある


脇腹が痛い・・・ってことで夜中に目がさめて、、ガンじゃないだろうか?なんて不安になったりしましたが、血液検査の結果、異常がないということで、今回は安静に過ごすことで回復が見込まれたわけですが、脇腹の痛みにはいろんな原因がありました。

・肋間神経痛
・胃潰瘍
・急性膵炎
・すい臓がん


私が、病院でまず疑われたのが・・
帯状疱疹・・皮膚に発疹が出たり、ピリピリと痛む。

でも、皮膚の痛みではなかったので、レントゲンを撮ることになりました。

そして、母親が膵臓癌で亡くなっているので、そのチェックも。
体重の減少などの問診もありました。


結果、左脇腹の痛みは、肋骨の骨折だったわけですが、内臓疾患でなくて正直ホッとしました。とはいっても、骨折の原因の記憶が無いということは、考えもんです。。(汗)


 
今回は、ネットで調べて、肋間神経痛だとばかり思っていて、病院に行く前に勝手な判断で、ストレッチをしていました! ← 骨折しているというのに!!


勝手な判断は、症状を悪化させてしまう危険なことですね。きちんと診断を受けることが本当に大切だと感じました。。


どうぞ皆様もご自分で判断されませんように、気を付けて下さいね~(^^;

Return Top