40代女のわくわくライフ

Read Article

林修の今でしょ!がん検診のポイントとは?!

テレビを見ていると、がん検診について直接お医者さんに質問をするという、
林修の今でしょ!という番組に釘付け・・

10月27日のテーマは
林修が5大がん検診を受診!
医者に聞きにくい質問をズバズバ聞いちゃいます講座

でした(・・テーマ長いよ)

講座
母を癌で亡くしたことや、
自分の年齢的なこともありますが、
芸能人の北斗晶さんが乳がんになったという報道もあって、
やっぱり がん検診は積極的に受けるべきなんだと感じた番組でした。

 
特に主婦などは家族のことは考えても
自分の身体の事は後回しにしてしまいがちですよね(^^;

早期発見で見つける事ができれば、生存率だって高くなるそうです。
どんな内容だったのか、おさらいしてみましょう^^
 
スポンサードリンク

林修先生が受けたがん検診とは?

 
まず、日本人に多い大腸がん検診と、
胃がん、そして 肺がん検診です。

 
大腸がんの内視鏡検査って、、痛そうですよね(^^;
実は、まだ受けた事がありません。
市町村で受ける、検便の大腸がん検診でセーフという感じ。

 
でも、やっぱり内視鏡でないと
小さながんの発見は無理なんですね。

大腸がんは早期発見だと5年生存率もかなり高いがんなので
本当は積極的に受けるべきですよね。

※林修先生の大腸がん検診の様子をまとめて記述していきたいと思います。

胃がん検診は胃カメラとバリウムどっちがいいの?

 
大腸がんの次に取り上げられたのが「胃がん検診」

ikamera

ふだん、一般的な健康診断だと、
会社とかに来た専用のバスに乗り込んで
あの、何故か甘い味の(しかも量が多い!)
バリウムを飲んでの検診ですよね。

その後で、検診にひっかかった人が
胃カメラを受ける・・そんなイメージでしたが、

 
多くのお医者様が、
自身が検診をするなら、「バリウム」よりも
「胃カメラ」を受けると話していました(^^;

 
胃がんの原因は99%がピロリ菌という事にも驚きましたが、
今や、口から入れる胃カメラではなく
鼻から入れる「経鼻内視鏡」が苦痛がないということ!

 
鼻から胃カメラを入れる事を想像しただけで、
もう怖いんですけど・・

でも最近 検診を受けた友人も、
口から入れる胃カメラよりも数倍も楽だったと証言!

 
番組では、林修先生が実際に
鼻からカメラを入れる様子が流れましたが、
事前に鼻に麻酔薬で処置する為、
痛みや気持ち悪さは全然ないようです。

しかも、胃がん検診自体も10分くらいで終わっていました!

 
逆に、口からの胃カメラの場合、
喉を傷つけたり、「オエッ」となりやすいそうですよ~。

 
・・わたし、
バリウムの検査が ホント苦手なんです。
一度は、あろうことか、ドバッと、口からバリウムが出てしまって・・
検査技師の方の顔を引きつらせてしまった事があるほどです(泣)

 
でも、胃カメラも、苦痛や気持ち悪いというイメージで
避けていたのですが、経鼻カメラがこんなに楽で
胃がんの早期発見になるなら、受けてみたいです。

 
スポンサードリンク

肺がん検診はCT?それともレントゲン?

 
肺がんは年間7万人ものかたが亡くなるというがんです。
早期発見が難しく、5年生存率が20%というから驚きです。

 
ここでも、多くのお医者様が、
レントゲン検診ではなく、CTでの胸部検診を希望されていました。

その他にも、喀痰細胞診(かくたんさいぼうしん)という、
痰の検査をする方法がありますが、
CT画像の性能が格段に進歩していて、
小さな癌でも見つかるということでCT検査がお勧めのようでした。

 
しかし、デメリットもあります!
CTは、放射線を浴びることになるので
被ばくすることになりますね(怖)

でも!
がんを早期発見できるメリットと比べると
受ける事が全然いいと話していましたね。

ちなみに、被ばく量はこちら
 ↓  ↓  ↓  ↓

◆ 胸部レントゲン・・0.04mSV

◆ 胸部 CT ・・7.4mSV

乳がん検診は やっぱりマンモグラフィ?

 
タレントの北斗晶さんが乳がんになったという報道は
多くの人にショックを与えました。

 
しかも、
毎年乳がん検診を受けていたにもかかわらず、
乳がんになってしまうと言う怖さ。


北斗晶さんは、右の乳房を全摘出という手術を受けて
現在は抗がん剤治療を受けているそうです。


北斗晶さんの影響もあり、
今、乳がん検診を受ける女性が増えているそうです。

nyugan
私は以前、マンモグラフィを受けてすごく痛かったので、
あれから もう怖くて受けていません(汗)

 
今回、林修先生がレディースクリニックで
乳がん検診の方法や機械の事などを質問してくれていました^^

男性だし、乳がんなんて関係ない・・
そう思っていたようですが、
実際は、男性にも乳がんになる人はいるんですってよ!!

びっくりしました(^^;


 
そう、肝心な乳がん検診についてですが、
主な検査方法は、胸を板で挟んで検査をするマンモグラフィと
乳腺の画像を撮る乳腺エコーがあります。

 
どちらか一方を受ければいいというわけではなく、
両方を受ける事が大切なようです。

マンモグラフィの場合、
30代前後の若い乳腺はがん細胞と同じく
白い画像として映し出されるため、
がんの見分けが難しいそうなんですね(–;

 
私みたいに、50代前後(微妙ですが・・)だと
乳腺よりも脂肪がいっぱいなので、
バッチリ分かるそうです。

・・有難いけど、複雑。

 
最新の乳がん検査として、
3Dのマンモグラフィが登場しているそう!

それだと、胸を挟むわけじゃないので痛くないそう。
痛みに弱い私の様な人向けに早く普及するといいな。

さいごに

 
がん検診・・
受けなくちゃいけない事は分かっていたんですが、
普段健康だと、つい後回しにしてなかったでしょうか?

主婦は忙しい
私なんて怖がりなもんだから、
病気が見つかるのが怖い・・
なんて、わけのわからない理由でがん検診を避けていました。

 
よく、自分の家系は「がん家系」じゃないから大丈夫!
なんていう人がいますが、
あれって、関係ないそうですよ。

家族だと同じ食生活をするので
体質的に似てくる事もあるでしょうが、
「大丈夫」なんてことはないそうなので、

早期発見のためにも、がん検診は受けましょう~!
・・と、自我をこめて(^^;

Return Top