40代女のわくわくライフ

Read Article

発達障害のグレーゾーンかも?!特徴があてはまったら・・

最近「発達障がい」という言葉を聞くようになりました。

平成16年に公布の「発達障害者支援法」によって、発達障がいの子ども達への早期支援が必要といわれたこともあって、発達障がいについて知られるようになったようです。


私の息子は現在成人しており、子どもの頃から「個性的」「将来大物になる」「わがまま」「空気が読めない」・・などなど、いろいろ言われていました(^^;

特に小学校低学年までの育てにくさは、母親として、自分の力不足だと凹む日々でした(泣)


今思えば、発達障害のADHD(注意欠陥多動性障害)なのかも・・と。

 
スポンサードリンク

 
最近、自閉症児とかかわる仕事についたこともあり、多くの発達障がい児と接する機会がふえました。どの子も愛おしくそれぞれの得意不得意が違います。

そのお子さんたちと接することで、自分の子どもの育てにくさ、生きにくさは発達障がいのグレーゾーンだったからなのでは・・と思うようになりました。


周囲からはしつけがなってないと言われて情けなくて泣いた事もありましたが、本当に辛かったのは当の本人なはずです。(ノω・)


今さらながら、(いや、これからもずっと関わっていくものとしては当然)
発達障がいの事について調べてみることにしました。


発達障害のグレーゾーンとは?

発達障害とグレーゾーン
発達障害は、先天的な脳の障害によって、言語、コミュニケーション能力や社会性などに遅れがある障害です。


「クレーゾーン」は、発達障害の傾向が見らえれるものの、知的な遅れが無い(又は軽度)場合をさします。知的障害が無い為に発見がおくれたり性格だと思われて見過ごされている場合もある。


その原因は脳機能に何らかの原因があるとは言われていますが、まだよく分かっていないのが現状です。本人の怠けでも、家庭環境やしつけのせいではないことはハッキリしています。


発達障害という言葉が使われるようになったのは最近だと思います。
その為に最近になって増えている障害のような印象を受けてしまいますが、今思えば昔も発達障がいだったのかも・・というお子さんもいると思います。


「うちの子・・他の子とは ちょっと違う」
「育てづらいのはどうして?」
・・そんな疑問や不安が「発達障害」と結びついているママもいるかも知れません。

「もしかして・・」と思ったら。


療育など今後の支援体制なども考える必要があるので、各学校のスクールカウンセラーや自治体の保健センターなどの相談窓口などで専門医などを紹介してもらう事が大切です。

発達障害の診断は一般の医師でも難しいと言われていて、小児精神科や児童精神科など専門の先生に正しく診断してもらう必用があります。

どこに相談する?
  1. 学校のスクールカウンセラー
  2. 自治体の保健センターの相談窓口
  3. 児童精神科医


支援が必用な発達障害ではないと言われたとしても、グレーゾーンの子どもは独特の拘り感から日常生活で生きにくさを感じています。


ただでさえ、周りから叱られる事が多いのに、普通学級で健常児のスピードに授業についていったり、課題をこなしたりという事はかなり大変な事だと思います。


その子に合った支援をしていかないと、失敗をして自信を無くし、自己否定するようになった場合、思春期に不登校や引きこもりなどの二次障害を起こしてしまう事もあるので、周りの支援がとても大切なんだと感じました。


知的障害が伴っている場合、周囲も気付きやすいのですが、発達障がい児は脳力にバラつきがあり、気づきにくく大人になり苦しんでいるかたも多いのです。

 
スポンサードリンク


発達障害の種類について

 
発達がアンバランスな発達障害には、いくつかのタイプがあります。

・広汎性発達障害(自閉症・高機能自閉症・アスペルガー症候群)
・学習障害(LD)
・注意欠陥多動症(ADHD)

得意な事と不得意な事のバランスが上手く取れない発達障害。
細かく見てみましょう!

学習障害(LD)



学力が身についていないだけなのか?障害なのか?
見極めが難しいのが学習障害です。

デスレクシアという読字障害があり文字が読めない。
文字を書き写す事が難しいなど、読み書きや算数ができない場合が多い。


小学校低学年のうちは判断が付きにくいために、診断は小学校高学年になって診断を受ける場合もあるようです。

注意欠陥/多動性障害(AD/HD)


■ 多動性・・落ち着きがなくじっとしていられない。
■ 衝動性・・突発的に何かをしてしまう。

授業中に歩き回る。
体を常に揺らしたりする。
うっかりミスや忘れ物が多い。
片づけが出来ない。
人の話しを遮って自分のおしゃべりが止まらない。

幼児期には集中力がないため当てはまる子が多いのですが、実年齢よりもあきらかに低い年齢のような行動をした場合にADHDと診断されるようです。

「個性的な人」「場の空気が読めない人」「わがまま」などと捉えられてしまう事もある。

広汎性発達障害

 
■ 自閉症(重度・中度・軽度がある)

先天的な脳の障害によって、言語、コミュニケーション能力や
社会性などの障害がある。

こだわり、聴覚過敏、感覚過敏などもあり。
知的障害がない場合は高機能自閉症と呼ぶ

相手と視線が合わない。


■ アスペルガー症候群(言葉の遅れはない)

コミュニケーション能力や社会性に困難な事が多い。
知的な遅れや言語の障害がないため、診断が遅れる場合が多く
大人になってから診断される人もいる。


■学習障がい(LD)

知能水準よりも読み書きや計算などができない。


発達障害とグレーンゾーンの子への手助け

 

■ 周囲の大人が手助けできること。

・自己肯定感をたかめる

・得意なことなどをほめる

・苦手な事の特訓を極力させない 

・大人に相談してうまくいったという経験を持たせる

苦手な事をさせないというのは「やらせなくてもいい」いうことではなく「強制的に何度もやらせない」ということです。

自発的なやる気が出てこないうちに自己肯定感を下げるような無理強いは避けた方が、結果的に上手くいくそうですよ!


さいごに・・

発達障害について
グレーゾーンの子どもたちは増えているといいます。

障害なのか診断名が付くかつかないかの微妙な状態ため、気が付きにくく、大人になって今までの生きにくさが実は発達障害だった為だと理解できたという人もいます。


文部科学省実地の調査によると、調査対象の6.5%が学習目や行動面で何らかの困難を持つと発表されました。


知能の遅れがない発達障害(グレーゾーンの子供)は親も気が付きにくいことや、親としては我が子が発達障害だとは認めたくない気持ちもあったりして、対応や支援が遅れてしまう事もあるようです。

認めたくない・・誰しもあると思います。・・私も目をそらしていました。

まずは発達障害について理解する事、子どもの不得意な事を理解すること。
どんな支援ができるのか考えてみることから始めてみたいと思いました。


実際は、先天的な障がいだと知らない人も多いと思います。
そのために、本人もご家族も悔しい事、悲しい事がいっぱいあったことでしょう。

発達障害について無知だったために 偏見を持っていた事もありました。
知らない事で辛い立場に置かれる子どもがいる事を知りました。

「自分らしく生きる」 どの子もそうあって欲しいと心から願います。


◆こちらの記事も参考に
キレる子どもの自尊心を高める方法とは?

Return Top