Read Article

鼻うがいのやり方!痛くない方法があった【ためしてガッテン】

今や10代の2人に1人が鼻づまりで悩んでいるという事実にびっくり!
そういえば、周りの若い同僚も鼻炎薬を使っている人が何人もいます。

手軽な点鼻薬、私も時々使っていますが、NHKのためしてガッテンでは点鼻薬で鼻づまりが悪化するという衝撃の発言と痛くない「新・鼻うがいのやり方」が紹介。

 
スポンサードリンク

 
私もアレルギー性鼻炎で悩んでいて、昔友人に効果があると紹介されて「鼻うがい」をした事がありますが、面倒なのでつい点鼻薬を利用したりしてました(^_^;)

点鼻薬の使い方によっては悪化させてしまうということなのでしょうか?

そして、痛くない鼻うがいのやり方(ガッテン式)をチェックしたいと思います!
 

鼻うがいのやり方(ためしてガッテン式)

 
以前、私も鼻うがいの方法を紹介しましたが、家族から面倒だと言われてしまいました(汗)
鼻うがいの方法とその効果にびっくり!


hanaugai
鼻から吸い上げて口から出す・・これが抵抗がある人は多いと思います(^^;
もっと簡単な、痛くない鼻うがいのやり方がためしてガッテン式です。

 

ガッテン式 痛くない新鼻うがいのやり方

・鼻の奥まで洗わずに、入口だけを洗うだけでも鼻ケアとなるのでOK!

・37度くらいの温かい0.9%の食塩水を作り、
先の丸いポンプ式(点鼻薬の様な形)の容器で鼻の入り口を洗う。

・「あー」と言いながら鼻洗浄をする。

・入れた鼻から出てOK! 無理をして反対側の鼻から出さなくてOK!

 
ためしてガッテンで紹介の方法は、悪化した鼻炎の改善は難しいと感じました。
どたらかというと、鼻ケアという感じで予防的な洗浄ですね。


鼻炎改善の為の鼻うがいを行うのなら、もっとガッツリとした方法がおすすめです!

 
一般的な鼻うがいは 、

  1. 水を沸騰させて冷ます(ぬるま湯くらい)
  2. 1に食塩を入れる
  3. 食塩水を鼻から吸う
  4. 食塩水を口から出す


■ 鼻うがいの基本的な流れを細かくみると・・

・水を沸騰させて冷ます・・ぬる目の温度だと鼻が痛くならない。
・0.9%の食塩水を作る・・食塩大さじ1(18g)に対し、2リットル
・食塩水を鼻から吸い口から出す

 
最近は、ドラッグストアでも「ハナノア」などの鼻洗浄商品がありますね。
それだと自分で液を作らなくてもいいので楽です。

ですが、日常的に使いたい場合は量が少ないので不経済ですね(^^;

鼻うがいのやり方動画は分かりやすい!

 
鼻うがいのやり方を何となく分かっても、実践を動画で見た方が何倍も分かりやすいです。
私もいろんな人のやり方をみて、温度に拘っていなかった点など勉強になりました。

口にしっかりと含んで出す」というのも鼻うがいのポイントだと知りました^^
是非参考にしてみて下さい




鼻うがいを失敗しやすい点は、口から出せずに飲んでしまうことです!
これを防ぐには、喉を軽く締めておく必用があるんですね。

書いていると難しそうですが、簡単です^^

それは、「ん」の発音をした時の喉の状態にしておくということ!
そうすることで、水を飲み込んでしまうことはないので安心ですよ♪

 
市販の鼻洗浄液は、量が少ないので本当にスッキリ洗浄が出来るのか疑問ですが、この動画はガッツリ洗浄しているので鼻炎で悩んでいる人は、このくらいやった方がいいんだなぁと納得でした。

 
鼻うがいをした後の正しい鼻のかみかたも大切ですね。
鼻の奥に塩分が残らないようなやり方が紹介されてとても参考になりましたよ。

 
スポンサードリンク

点鼻薬で鼻づまりが悪化するの?!

 
アレルギー性鼻炎で子どもの頃から悩んでいる私もうすうす感じていまいた(^^;
ええ、点鼻薬は効果がだんだんなくなるんです。


鼻がグジュグジュで涙目になるし、切り取って丸ごと洗いたくなるくらいの状況がアレルギーせい鼻炎です(笑)用法にある以上に点鼻薬を使ってしまったせいか、だんだん刺激がなくなった為か、お薬が効かなくなったと感じていました。

どうして点鼻薬が効かなくなるのでしょうか?

鼻うがいのやり方

ナザールやサジテンなどいろんな種類の市販品があります。

市販の点鼻薬には血管収縮薬が入っているものがあります。
鼻づまりがスッキリするからといって、用法以上に使用をしてしまうとだんだんと効果が落ちてきます。

鼻づまりって特に寝る時などは苦しくって、ちょっと依存症みたいに使ってしまうんですよね。仕事の場合も使わなければ会社にも行けないほどです、そんな方も多いと思います。

でも、
点鼻薬性鼻炎」という症状があるくらい問題になっていることも事実なんです。

点鼻薬の副作用として報告されている症状

  • 血管収縮性鼻炎になり鼻づまりが悪化する
  • 依存性がある
  • 味覚障害になることがある

使う時の注意点

  • 短期間の使用にする
  • 用法を必ず守ること

点鼻薬は、鼻炎そのものを治すお薬ではなく一時的に鼻の通りをよくする働きのお薬です。
使用方法を守って慢性化することが無いように気を付けたいものです。

市販の点鼻薬を使うよりも、通院は大変ですが耳鼻科で治療をした方が安心ですよ^^

さいごに・・

 
アレルギー性鼻炎は一年中鼻がムズムズしていますが、アレルギー体質でもあるので、特に花粉の季節になると顔は痒いし目と鼻がグジュグジュだし・・毎年春が憂うつでした。

点鼻薬の怖さも改めて分かったので、お薬よりもまずは鼻うがいで予防をすることが一番のやり方かなぁと思いました。

鼻うがいはやってみると思ったほど大変ではないので、予防も兼ねて続けていきたいと思います^^

口内フローラがためしてガッテンで紹介!歯ブラシチェックをしよう

Return Top