Read Article

ゲリラ豪雨とは?原因は何?集中豪雨とは違うの?【動画あり】

ここ数年、梅雨時や夏の時期ではなくても、
熱帯地方にあるような、スコールというか、ゲリラ豪雨が増えている様に感じます。
ゲリラ豪雨や集中豪雨の被害の規模自体も大きくなっているような・・

集中豪雨の被害
日本の中で沖縄地方は亜熱帯に入るので、
急に大粒の雨がザーッとと降って、カラッと晴れる・・というような
スコールもありますが、それは通り雨のイメージでしょうか。

それとは違った、
局地的に大量の雨をもたらすゲリラ豪雨が災害をもたらしています。
地球温暖化と関係があるのでしょうか。

ゲリラ豪雨とはどんな雨をいうのか?
何が原因で起こるようになったのか?
集中豪雨とは違うの?

いろんな疑問がわいてきました。

 
スポンサードリンク

ゲリラ豪雨とは?


ウィキペディアには こう書いてありました。

ゲリラ豪雨(ゲリラごうう)は、予測が困難な、積乱雲の発生による突発的で局地的な豪雨を指す俗語である。ゲリラ雨、ゲリラ雷雨などの呼び方もある。ほぼ日本国内でのみ用いられる用語で、気象学的に明確な定義付けはない。国際的にはこれに直接相当する言葉はなく、気象庁も予報用語として「ゲリラ豪雨」を用いてはいない。
― 出典 wikipedia


ゲリラ豪雨って 気象庁の予報用語ではないんですね!

あれ?使っていなかったっけ(^^;
各テレビ局の気象予報士が使っていたんですね。

2008年に、流行語大賞にもなって、それから頻繁に使われだしたとか。
誰が始めに使い出したのだろうか・・。

それだけ、雨による災害が多かった年ともいえます。
もともとは、集中豪雨と同じ意味だというのですが、

予測のつかない突然発生する「ゲリラ的な雨」という事で、使い始めたようですね。
雨の量も恐怖感を感じるほど降ったという印象があります。

爆弾低気圧・・なんて言葉もあって、
怖いというイメージで注意を促すという事もあるのでしょうか。


 
スポンサードリンク


ゲリラ豪雨の原因は何?


温暖化によって、日本全体が亜熱帯化した・・
と考える研究者も多いようです。狭い範囲での急激で大量の雨。


都心でゲリラ豪雨が起こると、
アスファルトだらけの地面では雨の行き場なくなり一気に浸水の被害が増します。

ゲリラ豪雨

冠水している道路を無理をして車で通過しようとして
動かなくなり、そのまま水没してしまうという事故も起きています。

水の力はとてつもなく大きいものです。
集中豪雨の対策として、予報が出た場合には、地下街へは行かない、
浸水の恐れのある道路には車で入らない、、など、注意が必要です。


曇りのお天気から一転、
ゲリラ豪雨のなる様子を撮影された方がいました。しかも運転中です。

1分間の間に、どれだけ雨が降って運転が困難になるのか・・
雨の恐ろしさを見ました。



雨が降り出してからの外出なら控えることができますが、
運転をしている途中に ゲリラ豪雨に遭遇した場合、本当に不安です。
高速道路でハンドル操作を誤ったら、大事故につながります・・


ゲリラ豪雨の被害に保険は適用になるのか?


最近は、地震保険などに加入する人も増えていますが、
こういった、ゲリラ豪雨、集中豪雨での被害というものは、
保険で補償されるものなのでしょうか?

ゲリラ豪雨と保険
ガード下などの冠水に車を入れてしまった場合、
自動車保険の車両保険が適用になるようです。


では、自宅が水害で被害にあった場合はどうでしょうか?
家の壁が崩れる、浸水で床などの被害などは、
火災保険の「水災」で保障できる場合が多いようです。

その他、ベランダの排水溝の排水が間に合わずに、
室内に水が入り被害を受けてしまった場合でも、
水災保障が降りる場合が多いようです。

・・実際、これは、体験しました。
ベランダの水がどんどんと溢れだしてくるのは、
小さな子どもを抱えている状況で、、かなりの恐怖でした(^^;


保険は、会社によって保障内容は様々ですので、
ご自分の保険をしっかりと確認しておくことは重要です。

保険を使うことのない様に、
梅雨から夏の雨の多い時期の 気象予報には敏感になっておいた方がよさそうです。

Return Top