Read Article

あさイチのゴースト肩こり!トリガーポイントはタオル玉で治す!

またまた肩こりの話題ですが、7月28日のあさイチも肩こり特集でした。
日本人はホント肩こりの人が多いですね・・

でも!本当は肩ではなく背中だったり腰だったり?
痛みのポイント「トリガーポイント 」を調べてみると原因はいろんなところにあるようです。
これが、ゴースト肩こり!実際の痛みは他にあるのかも?

 
スポンサードリンク

あさイチのゴースト肩こりとトリガーポイントについて

 
肩こり歴30年とか・・司会の柳沢さんや登場した女性の方など、
皆さん、長い期間痛みと戦っていて、整体や整形外科に通院しているんですね。

 
でも、中には、肩こりの自覚症状がない人もいます。
実勢にマッサージをすると、「凝ってますね」と言われるそう。
そういう人も実はトリガーポイントという、痛みのポイントがあるんです。

トリガーポイント
そのトリガーポイントの痛みを放置しておくと
痛い場所が増えてしまうのだそう。
しかも、トリガーポイントは、治しても再発する場合があるので治療と共に
予防をしなくてはいけないんですね。


ハンガーで肩こりを治すビックリな方法も
たけしの家庭の医学は肩こりをハンガーで治す?!

背中のトリガーポイントを自宅で改善する方法

 
自分で手の届く範囲なら、自分でマッサージが出来るのですが、
背中などの場合は、整体に行くなどしなくちゃいけません・・

 
あさイチでは、自分でもできる筋肉のほぐし方を教えてくれました。
それが「タオル玉」です。
タオルを丸めて、ベッドで横になり背中に当てるという方法! 


タオル玉の作り方

1:タオルを縦に四つ折りにします

2:まん中で2回結びます。

 
そのタオル玉の上に寝るだけ!
これだけで、とっても気持ちよさそうでした。

これって、テニスボールでは固いのかな?


 
スポンサードリンク

トリガーポイントの再発防止の為の鍛える方法

 
■ 肘にしこりがあり痛みのある人の鍛え方 

痛みがある場合、そこをほぐせば取りあえず痛みが軽減されますが、
再発の可能性が出てきます、それは、その反対側の筋肉が伸びてしまうから!

 
なので、予防策として、痛みのあるトリガーポイントとは反対の筋肉を鍛えるんです!

肘に痛みがある人 ⇒ 上腕二頭筋 を鍛えます。


■ 鍛える方法

1:痛みのある腕を肩より少し上にした状態で前に伸ばし、
肘を固定して曲げ伸ばしをします。

2:曲げる時 ⇒ 手のひらをグー

3:伸ばす時 ⇒ 手のひらをパー

4:1回に10回ほどゆっくり曲げ伸ばし運動をします。

※1日3回くらいの運動を二週間続けると、上腕二頭筋の伸びた筋肉も鍛えられてくるそう。

 
■ 背中にトリガーポイントがある場合

痛みとは反対側の筋肉を鍛えるのがポイントなので、
背中が痛い場合には、腹筋を鍛えます。

横になり、通常の腹筋をする様な体制で、
膝を曲げて、頭をあげて、おへその当たりを見る感じで10秒止める。という鍛え方です。

Return Top