Read Article

アーモンドのカロリーと栄養をチェック!何粒食べたらアウト?!

皆さんが初めてアーモンドを食べたのはいつ頃ですか?


私は小学校低学年の頃で、アーモンドチョコレートでした。
衝撃の美味しさでしたね♪「何?これ!今まで食べた事がない~」と大騒ぎして、それからは買い物について行くたびに、母におねだりしていました。

しかし、お値段がちょっとお高めだったので、ほとんど買ってもらえませんでしたけど(;^ω^)そんな子どもの頃からアーモンドが大好きだったのですが、そこまで頻繁に口にする事はありませんでした。

大人になってからも、お酒のおつまみに少しつまむ程度だったのですが・・アーモンドが美容や健康にいいと話題になってからは、食べる頻度が増えましたね。


大人になってから、「甘すぎない」こんなアーモンドチョコも好きです^^

でも気になる事が!
アーモンドを食べていると、結構脂っぽさを感じるのです。


もしかしてアーモンドってカロリーが高いの?
美容や健康にいいって、どんな栄養があるの?

せっかく大好きなアーモンドなので、カロリーや栄養の事をしっかりと知って効果的に食べたい!

さぁ、一緒に勉強していきましょう♪

 
スポンサードリンク

アーモンドのカロリーと栄養


美味しいだけじゃない!アーモンドは栄養価が高い♪ 
・・でもカロリーは?(^^; ちょっと心配。


アーモンドのカロリー


アーモンド100gあたりのカロリーは598kcalとなっています。高っっ( ゚Д゚)

単純計算で5.98kcal/1gになりますね。アーモンド1粒が大体1gなので、食べた量を数えておけば摂取カロリーはわかりますよね。

先程、100gのカロリーが高すぎると驚いていましたが・・100粒も食べるでしょうか?

テレビを見ながら、本を読みながらポリポリと手が出てしまいますが無意識でもそんなに食べないのでは?そんな訳で、私よりもアーモンドが好きでカロリーや栄養を全く気にしない家族が、大好きな野球中継を見ながらお酒のおつまみにアーモンドを何粒つまむのか数えてみました。

バレないようにチラ見しながらカウントするのは大変でしたが、私の視線に気づかず無意識で31粒食べて終了していました。

家族は主食も間食もガッツリ食べる方なので思ったより少ないなぁと感じ、ネタばらしがてら感想を聞いてみると「アーモンドは意外に腹がふくれる」だそうです。


アーモンドの適量は20~25粒とされていますので、カロリーも119.6kcal~149.5kcalですからアーモンドだけを間食とするなら安心して食べられますね。


アーモンドの栄養


アーモンドの栄養で特筆すべきはビタミンEです。

ビタミンEは緑黄色野菜や魚介類にも含まれていますが、徹底した食事管理をしていないと簡単には摂取しにくい栄養素とされています。

ですがアーモンドなら手軽に摂取できるので、ありがたい食品ですよね。

また食物繊維も豊富でマグネシウム・ビタミンB2・カルシウム・脂質など、小さな1粒にどれだけ詰まっているんだ!という感じですよね♪



アーモンドの効果・効能とは


ビタミンE
抗酸化作用の力がとても強く、生活習慣病や老化を予防し血行を促します。

食物繊維 
見た目によらず食物繊維が豊富で、便秘解消・腸内環境の改善に一役かってくれます。

マグネシウム 
神経の興奮を抑え、イライラを解消する効果があります。
また高血圧を予防する働きもしてくれます。

ビタミンB2 
脂質の代謝を上げて、脂肪燃焼の手助けをしてくれます。
タンパク質を合成させ、皮膚や粘膜を丈夫にしてくれます。

カルシウム 
骨や歯を補強し、丈夫にしてくれます。

脂質
最初に脂っこく感じると書いたように、確かに脂質は多いです。

しかし7割の脂質がオレイン酸などのように不飽和脂肪酸なので、酸化しにくく生活習慣病の改善・予防をする働きがあります。

 
スポンサードリンク

アーモンドの効果的な食べ方


アーモンドといえばカリッとした歯ごたえのイメージではないでしょうか?

それはローストアーモンドといって、火が通されているアーモンドなのです。ローストする事によって歯ごたえは良くなりますが、不飽和脂肪酸とはいえ脂質が多いアーモンドは酸化しやすくなって栄養価が損なわれてしまいます。

そこでアーモンドの栄養を無駄なく摂取する効果的な食べ方としておすすめなのは、生のアーモンドを食べる事です。

私も「えっ?生?」と驚いたのですが、意識して見ると普通にスーパーなどで売っていました。

少し高めのお値段でしたが、購入してみました。というか、今までローストされているなど気にもしていなくて、アーモンドはこういうものと思い込んでいましたが(-_-;)

生のアーモンドは少し歯ごたえが弱いですが、美味しさは充分あります♪


食べる時の注意点


アーモンドは咀嚼回数が少ないと、消化されにくく胃に負担がかかってしまいます
1粒ずつ良く噛む・細かく砕いて料理にトッピングするなどの工夫をして体内に摂り入れるようにしましょう。


また栄養が豊富なアーモンドですので、食べ過ぎると栄養過多になってしまう恐れもあります。

単純な考えの私は体にいい栄養素は摂れば摂る程いいと思っていましたが、大間違いでした!例えばビタミンEは過剰摂取し過ぎると、骨粗しょう症のリスクが高くなるなど・・恐ろしいですね。


1章で書いたアーモンドの適量が20~25粒とされているのは、カロリーだけでなく栄養の面でも考えられた量だったのです。


やっぱりアーモンドって美味しい!


正直ローストしてあったり、塩や飴焚きでコーティングしてあるアーモンドの方が魅力的ですよね。ですが、それではカロリーはもっと上がりますし、効果・効能も変わってきてしまいます。

最初は物足りなく感じるかもしれませんが、生のアーモンドは噛めば噛むほどに甘味が増して美味しいですよ♪
アーモンドの適量を守れば、美味しくキレイで健康になれる期待が持てますよね!

Return Top