40代女のわくわくライフ

Read Article

赤ちゃんの暖房器具選び!先輩ママが使って良かったものはコレ!

もうすぐ赤ちゃんが産まれるママ、
産まれて間もない赤ちゃんと奮闘しているママ、

そろそろ赤ちゃんにとって初めての冬を迎える準備をしなければと考えていませんか?
本格的に寒くなる前に赤ちゃんに最適な暖房器具をご紹介しましょう!
 
スポンサードリンク

赤ちゃん用の暖房器具選び

 
今の赤ちゃんは寝転がっているだけかもしれませんが、必ず成長しますよね?
来年にはよちよちと歩いているか、もう走り回っているかもしれません。

 
ですから部屋を暖めることだけを考えるのではなく、
安全に長く使えるものを選びたいですね。

赤ちゃんの暖房器具

一般的な暖房器具の良い点・悪い点を挙げて考えてみましょう。

*エアコン

≪良い点≫
・部屋全体が温まる。
・温風が赤ちゃんに直接当たらないように風向きが調節できる。
・冬も夏も使えるので、1台2役でお得。
・空気清浄などの付加機能があるものもある。
・赤ちゃんの手の届かない所にリモコンを置けば、スイッチのいたずらや誤作動も防げる。

≪悪い点≫
・部屋が乾燥しやすい。
・高い場所の設置、複雑な構造のため家庭での完全な掃除がしにくい。
・間取りや構造上、設置できない部屋もある。

 
*石油ファンヒーター

≪良い点≫
・部屋が暖まるのが早く、パワーも強い。
・ランニングコストが安く、短時間で暖まるので経済的。

≪悪い点≫
・温風が強いので、赤ちゃんに直接当たると暖まりすぎる。
・温風口が赤ちゃんの高さと同じくらいの位置にあり触れる危険がある。
・こまめに器具の掃除をしないと、部屋の空気が悪くなる。
・閉めきった部屋で長時間使用すると、一酸化中毒の危険性がある。
・部屋が乾燥しやすい。

 
*ホットカーペット

≪良い点≫
・温風による空気の乾燥やほこりの舞いがない。
・温度の微調整が可能なので、状況に合わせやすい。
・カバーが洗濯できるので、清潔に保てる。
・赤ちゃんがいる場所だけの暖めもできる。

≪悪い点≫
・寝返りもできない赤ちゃんには暖まりすぎる。
・部屋全体は暖まりにくい。
・スイッチが赤ちゃんの手が届きやすい所にある。

 
*床暖房

≪良い点≫
・部屋全体が快適に暖まる。
・部屋に置くような器具がないので、場所をとらず広く使える。
・温風が出るわけではないので、乾燥しにくく空気も汚れない。
・赤ちゃんとっての危険個所がない。

≪悪い点≫
・賃貸の部屋は設置できない。
・持家でも、大がかりな工事と費用が必要。

 
*オイルヒーター

≪良い点≫
・部屋全体が暖まる。
・独特な灯油の臭いがしない。
・快適な暖かさを保ってくれる。
・空気の乾燥やほこりの舞いがない。

≪悪い点≫
・部屋が暖まるのに時間がかかる。
・購入費・ランニングコストが高め。

 
*パネルヒーター

≪良い点≫
・灯油を使わないので、臭いの心配がない。
・パネルが暖まるのが早く、電気代も節約になる。
・本体があまり熱くならないので赤ちゃんが直接触れてしまっても、やけどの心配が少ない。
・部屋の乾燥もしにくく、空気も汚れない。

≪悪い点≫
・購入費用が少し高め。
・部屋の場所をとる。

 
以上の点を考慮すると、
赤ちゃんの暖房器具としてGOODな1位はパネルヒーターでしょう!

出産・育児でお金がかかる時ではありますが、赤ちゃんにとっての悪い点はほぼ0ですから高い買い物とまではいかないのではないでしょうか?

 
お住いの状況や赤ちゃんの体質などに合わせて、春のような快適な環境を作ってくれる暖房器具を選んでください。

 
スポンサードリンク

初めての冬を迎える赤ちゃんへの注意点

 
赤ちゃんはまだ自分で体温調整ができません。
冬だから寒いだろうと厚着させて、暑くなっても自分で脱ぐこともできません。

 
親であるママたちが普段の様子をしっかりと見てあげて、寒がっている・暑がっているという判断をしてあげてください。また、くしゃみをしたからといって寒いとは限っていません。まだ鼻毛がないので、ちょっとしたほこりにも敏感に反応してしまうからです。


赤ちゃん
来客などがあって強めに暖房をかけるときは薄着に、暖房がつけられないようなときはおくるみで包み込んであげたりと、状況に応じて服の枚数も変えてあげてくださいね。

 
赤ちゃんがいると周りからもあれこれとアドバイスもいただくでしょう。
中には心無いアドバイスや意見をしてくる人もいます。

 
私も赤ちゃんがくしゃみをしただけで「くしゃみなんかさせて、寒いんじゃない?」や鼻水が出てると「風邪なんかひかせて」などグチグチ言われたものです。

 
でも、違います!
ママは赤ちゃんのためにきちんと考えて行動しているのです。

 
この検索をしたのも、赤ちゃんに快適な冬をすごして欲しいという気持ちからだと思います。もう頑張ってはいると思いますが、ママこれからも頑張ってくださいね!

Return Top